リタ・モルディオ / Rita Mordio

エステル~エステルエステルエステルエステルエステルエス(ry」「にゃ~ん!ゴルドカッツ!」
「派手にぶっ飛ばすわよ! 以下省略っ! タイダルウェイブ! 以下省略っ! タイダル(ry」
「勝てると思った?」「おあいにく~」
「万象を成しえる根源たる力…太古に刻まれしその記憶…我が呼び声に応え、今此処に蘇えれ!エンシェントカタストロフィ!!これがあたしの研究成果よ」
「天光満つるところに我はあり、黄泉の門開くところに汝あり、出でよ神の雷…これで終わりよ!インディグネイション!!」
「天光満つるところに "以下省略っ!!" インディグネイション!!」
年齢:15歳 性別:女性
身長:150cm 体重:お、女の子になんてこと聞いてんのよっ!
職業:魔導士(魔導器研究者)
声優:森永理科
称号:天才魔導少女 アスピオの赤い悪魔 ぺったんこ(うしにん認定) 扱いの悪いサブヒロイン
出身地:アスピオ
「アスピオにその人あり」と言われた帝国魔導器研究機関所属の天才魔導少女。
序盤はクールでドライかつ無愛想な魔導器(ブラスティア)ヲタク。
(カードゲーム「テイルズ オブ マイ シャッフル」では性格について「傲慢」とまで書かれてしまう)
「信じるのは魔導器(ブラスティア)だけ」とまで言い切った。
そのため、魔導器を「あの子」「この子」と呼ぶ。
が、初めての友達であるエステルにはとあるシーンからデレにデレまくる。
そして、ユーリにも時々デレる。
テイルズ随一のツンデレ娘。
パーティ内ではイジろうとするが逆にイジられることが多い。
川´_ゝ`)「第四回に続き第五回人気投票でも女性中第1位とは・・・まさに時代はロリっ娘か」
  • OVLすると詠唱が無くなる為チート術師と言われ、歴代最強の術士と噂されている。というより外道。
    しかしタイダルウェイブに限らずオーバーリミッツ時の術連発は、グレード稼ぎだけでなく通常のプレイでも恐ろしく使い勝手が良い為やりこみプレイでは封印されてしまうこともしばしば。
    • 「ラピード・リタ・フレンはチート(TOV三強)」と呼ばれ封印されることが多い。
  • ゲーム終盤でのグレード稼ぎの友であり、オーバーリミッツを併用してのタイダルウェイブの1000ヒットを軽く超える通称「タイダル無双」が異常な性能を持つ(別名:洗濯機)。
    • PS3版では少し修正が加えられXbox360版より難しくなったが条件さえ揃えばタイダル祭り可能。
    • 上記のタイダル祭りで利用すると便利なリスキーリング(防御力が大幅ダウンするが消費TP1になる)があればOVL1で詠唱破棄して連射かつ消費TP1で恐ろしい性能を誇る。魔装具プラスでさらにすごいことに…。
      • そのため、彼女のためにわざわざ「連続で同じ術技を使用するとOVLゲージの上昇率ダウン」という仕様をPS3版で追加されるほどである。
    • PS版スタンの皇王天翔翼ほどではないが、OVL状態の彼女のタイダル、メテオスォームは厨性能を誇る。
      • なんとタイダルはおろかあのメテオスォーム連発までもコンボと化す。ただし、連打をするとゲーム中普段滅多に起こらない処理落ちが起こり、ゲーム機本体にもダメージを与える可能性が高いので使用は自己責任で。
        • さらにVではOVLを溜めるアイテムがあるので、ラスボスだろうが一方的に葬る。
          • もっともV勢は単独で嵌めることができるなど味方全員がチート性能を持っているが。
      • 当然普通にプレイしている分にはここまでバランスブレイカーとはならない(ある程度の準備と知識と下拵えが必要)のでご安心頂きたい。
        • とはいえ、ある程度ストーリーを進めていればいつのまにか条件は整っていることが多いが。
      • 興味本位でOVL連発態勢を取ったが最後、爽快感が病みつきになって自分の手でバランス破壊を始めるとか始めないとか・・・。
  • 一部界隈では「リタ・クーリッジ」とセネルの心の妹的存在にされている。
    • 実在するアメリカ人の女性歌手である。
  • 魔導器は首につけている。ちなみに母親の形見。
    • ちなみにリタはよく魔導器に名前をつけるが、どれも歴史上の女王の名前である。(ビクトリアは英国女王ヴィクトリア、エカテリーナはロシアの女性皇帝エカチェリーナの日本語訛り)
  • 彼女が他人との関わりを嫌い魔導器偏愛の性格になったのは、小説『青の天空』によれば、母が亡くなったとみなされてから一時期、母の元同僚の女性に世話になっていたが、幼少にしてその女性を凌駕する魔導器研究の才覚を顕し、結果自分が書いた論考を盗用されてしまったため。
    その女性は所長賞を貰い希望部署へ栄転した事からもリタの非凡な才能が伺える。
    • この出来事は本編中の「あたしは誰かに利用されるのが大っ嫌いなのよ」という台詞に繋がる
    • また本編中スキット「持ち物には必ず…」の、(魔導器以外の)何にでもフルネームで自分の名前を書く習慣についても回収されている。その里親の教えで自分の持ち物には名前(イニシャル)を書いていたのだが、その里親と頭文字が同じである事から論文をそのまま盗用されてしまったためである。
      • ちなみにレイズのログインボーナスでもリタがダイヤに自分の名前を書いていることを明かしている。「ダイヤは使えば仲間を連れて戻ってくる」という台詞は本編中スキットの「金は天下の…」ネタ。
  • 彼女の技名は数学記号術の「∠=(x,y,z)」(デカルト)など特殊・・・つか読めません。詳細は下記省略っ!↓
  • RM3参戦時のリタ独特の術発動時に行なう『くるくる』や術ごとのモーションがあるかどうかが問題
    • テイルズオブバーサスでは残念ながら実装されていないのでない可能性が・・・。
      • むしろあったらあったで詠唱完了まで隙ができるので弱くなりそうな・・・。
        • というか二次称号「くるくるリタ」が実装されてしまった。
        • RM3では実装されなかった模様。しかし、無きゃ無いで詠唱モーションがキモいことになっている…
          • 今のままでも詠唱完了→発動が遅れてるのにくるくるがついたらますます遅くなるので仕方ない。
            • 一応レディアント・ドライヴを使えばモーションがキャンセル出来るのでレディアント・ドライヴすればいい。
    • ちなみにマイソロ3での「以下省略!」は、レディアント・ドライヴとしてリタ固有ではなく全キャラ共通スキルとなった。
  • テイルズ史上4人目(1人目はアーチェ、2人目はコレット、3人目はヴィラ)の戦闘中に浮遊できるPC。
    • バーサスにも浮遊スキル「レビテーション」は実装されている。
      • でもそんな彼女は高所恐怖症。そしてあるスキットで犬にイジられる。(反撃される)
  • たまに台詞が猫化するくらい猫好き。「にゃーん!」「にゃんでも!」
    • ネコミミコスしちゃうくらい猫好き。そしてガン見するユーリさん。
      • 装備によっては戦闘中で猫辞典をとりだしてみたりもできる。
    • とあるサブイベントではユーリやレイヴンと一緒に猫の言葉を翻訳している。
  • 非科学嫌い。と言うか、怪談話全般がもうダメ。パティにとっては全く怖くない話でも震え上がる。
    • 終いにはカロル先生に八つ当たりする。カロル「何で僕…」
  • 「バカっぽい」が口癖。主にカロル先生やおっさんの言動に対して言う。
    • 何気にデューク戦前のイベントや虹翼纏いし者戦でかなり良い台詞を発する。
  • カロルに対してはしょっちゅうチョップが飛ぶ。このチョップの前には兜など全く無意味。かぶってても痛がるあたり、相当威力がある。しかもリタの手は無傷。魔術いらないんじゃ・・・。
    • シナリオで36回、サブイベントで22回、スキットで8回で計66回。叩き過ぎである…。
  • 胸が無いのを気にしたり気にしていなかったり。
    • 主に気にしているのはエステル。
    • しかし、15歳だから胸なんて無くたって・・・。
      • だが、ティアは16歳である。
        • 「胸なんてあったって、肩凝るだけよ・・・多分・・・」
          • まぁ三十路手前でぺったんこな人もいますから…あっちはあっちでいろいろ事情もあるが。
          • というより、他の15歳キャラと身長を比べてみるとこちらも発育が悪い。小説版によると成長期に一人で暮らしていたらしく、料理関連のスキットで「最初はパンに生卵を挟む有様だった」と言われるほど料理ができなかったようで、大切な時期に栄養を摂取していなかったであろうことは想像に難くない。
            • 他の15歳キャラどころか13歳のアニスに2cm負けている。
    • おっさんによる水着評価は2て・・・「覚悟・・・!」
      • なりダンX特典DVDのディオによる湯上り姿評価も同じ点数を下す。そしてリタに殴られる。
  • 実家のタンスの中に隠し持っていたものは「皆さんが想像するようなものです」と言われている。
  • 恋愛関係は不明だが、ユーリに片思いしていると思われる場面が多々ある。ユーリ生還イベント&その後のスキットや温泉イベント、スキット「耳…だけ?」等で一応確認可能
    • ユーリとはかなりフラグが立っている。
    • 一応公式でユーリとエステルのカップルは否定されているため可能性は十分ある。 頑張れ、リタっち!!
      • なりダンXの予約特典DVDでは、ユーリとともにコスチュームで苦労した仲間として参戦。自重せず数々の他作品ネタを話す。
        • ユーリと何かあると思われていたが結局は痴話・・・もとい夫婦喧嘩。
          • 間違えてねこねこウェイターのコスを出してしまい極端に暴走。その間ユーリは瞬き一つしていなかった。
        • ついにこんな動画が これのおかげかかなり広まった。
      • 彼らには天翔光翼剣という合体秘奥義(違)もある。
    • しかしヴェスペリアはもともとパーティ内カップリングが無いのでどうなることやら。むしろフラグ度合いだけでいえばエステルとの(ry
      • 開発当初の好感度システムが採用されていたら攻略王ばりにユーリが全員攻略していたかもしれない。
      • 「主人公といえば赤い髪」の話題で、赤に近い色と言ってエステルを推すことを考えていた。いくらなんでもピンクを赤に近い色は無理があると思います。どんだけエステルのこと大好きなんすか百合タ・・・もといリタさん。
        • そのエステルも某RPG主人公の装備を装備する事ができるが…。
      • なお、RM3ではシェリアにフレンとの関係について邪推されている。
  • 称号『風呂上がり』セット時でのスキット
    • エステル「女の子がそんなはしたない格好で出歩いちゃ行けません!」
      リタ「これが駄目ならジュディスの普段着はどうなんのよ」
      ・・・納得。
  • その他、はしたない行動としては本を読みながら食事するという癖も。マイソロ3参戦の折には、各シリーズから保護者キャラの集結したアドリビトムでどれだけ食事スタイルを貫き通せるだろう
    • 食事中の読書癖に関しては、既にマイソロ2でキールがファラから教育的指導を受けている。さて、リタはどうなることやら・・・
  • バーサスでの立ち絵やカットインでは「はいてない」疑惑が出た。
  • 秘奥義は「エンシェントカタストロフィ」。1Hitだが強力。大佐の「ミスティックケージ」と同じタイプ。
    • バーサスでも秘奥義は「エンシェントカタストロフィ」。このエフェクトの再現は見事。
      因みにこちらの方は3Hitする。
    • PS3版での第二秘奥義はなんとあの「インディグネイション」である。
      • でもよく考えれば、称号で「非科学嫌い」まであるのに「『神』の雷!」と言われても・・・でも結局詠唱文は「天光満つるところに~」でした。
        • 更に時を駆ける男戦では知ってる人には知ってるあの掛け合いも・・・。
  • サブイベントの影響で「ジュディスとは異母姉妹」説が流れる。
    実際に彼女たちの父親とされているヘルメスのペンネーム「イフムンフト・ネプメジャプ」を 「ifmnft」とアルファベットにして一個ずつ前の文字に置き換えてやると、helmesとなる。
    この法則でファミリーネームのほうも置き換えると、 npmejp→moldio。
    つまりフルネームはヘルメス・モルディオ。
    ヘルメスがジュディスの父親であるのは確定・ファミリーネームでリタの父親でもあることの証明になっている。
    ヘルメスはクリティア族、リタの母親は普通の人間なのでリタはハーフと言うことになる。クリティア族は知能がとても高い種族であるため、ある意味若年にして天才な理由にもなっている。
    • リタの父親はリタが生まれてすぐいなくなったという。ヘルメス…なんて男だ…。
      • しかも母親は物心つく前に死亡。また、親しい人に裏切られた過去がある。そのため魔導器依存、人間不信になったとか。
    • バーサスでもジュディスが「可愛い妹のため・・・」とリタを指してクレス・クラトス編で言っているため、この設定は外伝系でも付く?
      • 本編でも外伝系でもジュディスは妹だと分かっているようだがリタの方はジュディス=異母姉とは気づいていないようだ。
  • PS3版の新技では新秘奥義の「インディグネイション」の他に数学記号術の「∠=(r.θ.φ)」(ポウラー)と「∫∇=Σ(ωπ)」(ストークス)と「A=Iк{λ∈Λ}」(アルティン)が追加された。
    • 歴代キャラのコス称号はマオワルター(DLC)の服。マオコス称号による新技は「バーンストライク」。
      • 2010年1月中旬には「アイドルマスター」から天海春香衣装のDLCも登場。
  • PS3版OPではXbox360版では彼女が出てた終わり際のシーンが新キャラのパティのシーンに変更されてしまった唯一のカット犠牲者。
    • 削除されたのはなぜかわりと作画が良かった夜空に寂しげに座っているリタのシーン。なぜ作画がわりと酷いライオットホーンの発動シーンの方じゃなかったのか…
  • 公式では「モルディオ(Mordio)」の姓が伏せられているが理由は序盤のネタバレ防止のため。
    • その割にはバーサス等では堂々とフルネーム出演ですけどね
      • しかし、RM3ではまた姓が伏せられている。「モルディオ=男性」と勘違いされるイベントがあるのか?
        • と、思いきや特にそんなイベントもなく、初登場時も普通に名乗っている。
  • RM3に出演したらグラフィックで装備するのはイラストで基づいてアスピオン、秘奥義はおそらく「エンシェントカタストロフィ」だろう。
    • ちなみに、PS3版ヴェスペリアの予約特典にはスペシャルバトルのプロダクトコードが同梱されていたが、それで入手できる武器はインフィニティライン(望鏡の墓所で手に入る武器)であった。
  • マイソロ3参戦が決定。ハロルドなどのキテレツ科学者(失礼)と共にどう立ち回るのか。またキールがいらない子になりそうな予感。
    リタ&ハロルド「一括りにされてもね~・・・あたし(私)の方が天才だし!!」……
    • いや、それよりティア(16歳)との絡みはどうなるかのほうが気になる(胸的な意味で)
    • RM3でも予想通り秘奥義は「エンシェントカタストロフィ」。今回もエフェクトの再現は見事。ほぼ完璧。今回は原作どおり1HITのみで、詠唱が凄く早口。
      • 厳密に言えばモーションが再現されていないが、仕方ないか。
      • だが悲しいかな、原作よりも攻撃範囲が狭くなっている模様。大佐のミスティックケージなどは全員に当たるのになぜだ!
    • 術技はゴルドカッツやフレイムドラゴンといったリタ固有の魔術が軒並み無くなっており、歴代作品の術師が使っている魔術が多い。
      • このため平凡な術師キャラになってしまっている。キャラ固有術技の搭載を極力避けるという影響を強く受けたキャラといえる。
      • タイダルウェイブを覚えるため疑似タイダル祭りができるが、残念ながら原作のようなコンボは繋がらない。
    • 今回はソウルアルケミーが物語の根本に関わっているため学者チームのリーダー的存在。しかし周りに乗せられている感も無きにしもあらず。
    • 本編ではそれほど嫌ってなかったがリタが虫を嫌っている。
      • 原作での虫嫌いはカロルであり、リタは「そんなに虫嫌いならコレ使えばいいじゃない」と撃虫ブレスを与えていた。
    • エステルにデレる描写が少ない代わりに主人公にツンデレ。最終決戦前にも会話があったりと結構優遇されている。
    • 無い道をノーマ張りにぶち壊して進むシーンが…オヤジがいたら確実に拳骨が飛んでいたであろう…
      「貴重な自然景観を滅茶苦茶にしおって!」
      • とあるスキットでは眼鏡を披露してくれる。元の持ち主の呪いか、性格が変わっていた。
  • 劇場版ヴェスペリアは本編より過去のお話の為、本編以上のロリィなリタを拝むことができる。
    • そのリタの映っている部分は高値で取引されることもあったほど大人気であった。
  • 人気投票も第4回の11位に続き、第5回では女性キャラ唯一のTOP10内で6位。尚且つ女性キャラの中では2回連続の1位を達成。こちらも黄金期か?
    • 更にはRM3でも着せ替え装備が登場する模様。これも人気の為せる技か…。
    • ただし、RM3ポスター投票ではRM2カノンノ(3位)に敗北した。それでもリバーシブルジャケットには掲載されているので、支持の高さはうかがえる。
      • 更に第6回ではミラ(6位)に負けてしまう。しかしミラに続き9位とベスト10入りを果たしている。
        • 第7回では13位と15位のミラに勝利し、人気投票・女性キャラ1位の座を奪還した。だが、ミラ共々ベスト10入りを逃し、女性キャラがベスト10から居なくなってしまった。
        • 第8回では再びミラに負けた上に、ベルベット・アリーシャ・エドナのゼスティリア&ベルセリア勢や、更にパスカルまでも遅れを取られて女性キャラでは6位。全体でも23位と大幅に順位を落とした。
  • TOGでは予約特典プロダクトコード入力する事でシェリアにリタのコスプレをさせられる。TOGfでは魔法カルタ(むずかしいノーミス)をクリアする必要がある。ちなみに称号名はリタの称号にもある「狙い鋭き魔術蜂」。
    • 「万象を為しえる根源たる力と太古に刻まれし記憶が呼び声に応え此処に蘇ってしまう」らしい。
  • 時々突っ込まれる帝都ザーフィアス・貴族街の「モルディオの屋敷」の存在だが、もともとはアレクセイが魔導器研究の第一人者であるリタを手元に置き、計画に協力させるために個人で買い与えたものと思われる。
    • しかし「アスピオの方が研究に集中できる(というよりは気が乗らない)」という理由で帝都には行かず、空き家になったと思われる。
      • そこを魔核泥棒のデデッキが利用して「モルディオ」を騙りバルボスに献上するために下町の水道魔導器を盗んだことからユーリの冒険は始まった。
  • リンクではオリジナルキャラであるレミットと共に、第一章のゲストキャラとして登場。
    • 護衛のレミットにはいつも通りきつめな文句は言いつつも、他の外伝登場の際と比べると原作初期の頃の落ち着いた一面も見られる。
  • 主要キャラではないが、アスタリアにも登場する。他ではタクティクスユニオンにも登場していたり(ただしDLC)、近作には毎回出ている。
    • アスタリア:「光と闇の救世主」編では主人公の一人になった。
  • レイズではレイヴンと共にイベント「歪みのカレイドスコープ」にて参戦。
    • 技師のガロウズと早々に意気投合して、カレイドスコープの修復任務にあたる。V本編の記憶を引き継いでいるだけあって、リタの扱いを心得ているユーリやレイヴンが、リタの心情を汲み取って上手くアシストしている。
    • ややこしいことに、このストーリーは9章クリア後から繋がっているので、イベントを先にプレイしていると9章ラストでちょっと混乱することになる。逆にイベントを見逃した人からすると、その先の章で唐突にリタが登場することになる。(イベント参戦キャラ全般に言えることだが。)
    • Vではサブイベントで示唆されているのみだったが、レイズ世界に召喚されてすぐにレイヴンの心臓の調子を診たらしい。
    • 彼女の代名詞とも言えるタイダルウェイブはもちろん実装。そして最近シャーリィに実装が決まるまでは彼女の専売特許だった(PVではルーティも使っていたが今のところ未実装)。

+リタの数学記号術技まとめ
  • 天才魔導少女、リタはその術技の読み方が特殊。読みの元ネタは数学に深く関わっている。

  • 「β×Ψ=√」(ルドルフ)
    • 最初から習得しており、気絶させることもできる。使用回数が増加するとダウン中の敵にもヒットするようになる。
      • 元ネタは円周率を小数点以下35桁まで計算した数学者、ルドルフ・ファン・コレインから。
  • 「ζ×Ψ=Φ」(フィー)
    • 威力はやや低めだが、使用回数が増えるとヒットした敵を強制的に浮かすことができる。
      • 元ネタはレオンハルト・オイラーのΦ関数から。
  • 「∠=(x,y,z)」(デカルト)
    • そこそこの威力を持ち、使用回数が増えるごとにガードブレイクの確率が増加。最大33%。にゃーん!
      • 元ネタは直交座標を開発したルネ・デカルトから。
  • 「ζ=δτ(ωρ)」(ラプラス)
    • 複雑な数式。本のカドで攻撃。使用回数100回以上で空中発動できるようになる。
      • 元ネタはラプラス変換の開発者、ピエール=シモン・ラプラスから。
  • 「∠=∞」(ウォリス)
    • シンプル。威力は高めで、3ヒットから使い込むことで、9000回には15ヒットするようになる。
      • 元ネタは無限大記号「∞」を初めて使用した数学者、ジョン・ウォリスから。
  • 「(δ/χ)λ=ι」(イデアル)
    • ζ=δτ(ωρ)(ラプラス)に次ぐ複雑さ。使用回数100回以上で空中発動でき、β×Ψ=√(ルドルフ)から空中発動で連携できる。
      • 元ネタは数学用語のイデアルから。
  • 「∠=(r,θ,φ)」(ポウラー)
    • PS3版にて追加された技。∠=(x,y,z)(デカルト)のスキル変化技。にゃーん!
      • 元ネタは直交座標の点(x, y)を起点からの回転量と距離を使用し(r,θ)で表したポーラ座標から。
  • 「∫∇=Σ(ωπ)」(ストークス)
    • 上と同じく、PS3版にて追加された技。ζ×Ψ=Φ(フィー)のスキル変化技。
      • 元ネタはストークスの定理の開発者、ジョージ・ガブリエル・ストークスから。
  • 「A=Ik{λ∈Λ}」(アルティン)
    • 同じくPS3版にて追加された技。(δ/χ)λ=ι(イデアル)のスキル変化技。
      • 元ネタはイデアルの極小条件を満たすアルティン環の開発者、エミール・アルティンから。

+下記の内容については事実を言っているのかもしれないが、明らかに主観交じりの過剰に悪意的な解釈も多く見受けられるため受け取る側はその点に留意すること。
  • もてはやされているが、上記のカードゲームの性格紹介で「傲慢」とあるように、ぶっちゃけ礼儀知らずのガキンチョである。エステルも世間知らずで常識無いところはあるが、こいつも世間知らずで非常識人。
    • しかし、この「傲慢」だが、ハロルド・アッシュ・ルークなども該当している。性格紹介はバッサリ斬っているスタッフでもいるのだろうか。
    • 人気が高いのは確かだが、それに反して「短気」「敬語使わない」「怒ってばかり」「不必要にカロルやレイヴンに暴力振るっている」事を欠点と指摘するユーザーだっている。欠点に変わりはないのだから、それはそれで受け止めるべきである。
      • 尤も人気が高いとされるキャラは比較的素行が悪いキャラであることが多い(ユーリ、リオン、ルークなど)。
      • パーティでは2番目に年下の癖に敬語は全く使わない。11歳の忍者の女の子でも使っていると言うのに…。少しは礼儀を学べ。
      • 12歳の少年ことカロルに事実を突っ込まれて暴力振るうのも問題。
    • 「お前の辞書には反省と謝罪の単語が無いのか?」と言わんばかりに、それらしい色を見せない何様な態度が目立つ。
    • Vでは「アスピオの魔導師は帝国の支持に従う義務がある」と言う義務を怠っている。フレンのシャイコス遺跡の調査同行を拒否している。当然ソディアとウィチルは怒ったが、リタは全然反省していない。リタの意思を尊重して咎めなかったフレンの気遣いを理解していない分、余計に怒っている。フレンの事を戦闘馬鹿と揶揄出来る立場じゃないだろ。
      • エステルもジュディスもパティもフレンの事を「部下の気遣いが出来ている」と評価しているし、リタの態度にエステルも「良くない」と咎められる有様。
      • まぁ最終的に照れながらも今後は協力しても良いような態度を見せるが、どこまでも態度がでかい。
        • ただ、序盤のままの彼女なら協力する姿勢は見せないであろうし、素直になれたともとらえられる。
    • 終盤のスキットで「持論を他の奴らが自分の手柄のように~」とぼやくが、日頃から他人を見下しており、真面目に仕事をする人物を悉く馬鹿にする。騎士団はその的である。おっさんはフォローしているが、理解する気がない。
    • 次期皇帝候補でエステルの縁戚ヨーデルの事を知らないと言っても「こいつ」呼ばわり。またフレンは騎士団団長代行、レイヴンはあれだから、偉そうに言える立場ではない。
    • ているずVでは、「エステルと親しいなんて…」とフレンに嫉妬。さすがにこれは誇張気味の描写だが、フレンに何の恨みがあると言うのだ。
      • 因みにユーリは「逆だろ」と嫉妬の矛先を間違ていることを突っ込んでいる。
    • そもそも研究以外はまったくだめな人間。幼少期から親も居らず周囲からも距離を置かれて一人研究しかやっていなかったのでは常識や礼儀作法なんて育ちはしない。これで「いい子だけど親のいない環境で育ったから人との接し方を知らない」とコメンタリーで言われても…。
      • 食事中に読書と言う時点で行儀も何もない。
        • キールも他人の食事の行儀にはけっこううるさいが食事しながら読書してファラに怒られているのである意味仲間?
      • なのに注意したのは、アレクセイ・ソディア・ウィチル・カロルだけ。アレクセイは「義務である」と言う事を指摘し、ソディア・ウィチルは上記の通り、カロルは「リタが無礼を言うの?」(クリティア族の事を失礼とぼやいた時の突っ込み)と全うな突っ込みをしたのに殴られている。
    • もっとも、ユーリを始め礼儀も減った暮れもない連中が揃ったパーティ(一部除く)しかいないのだから、誰も咎める筈も無いが。
  • ただし漫画版Vのリタはゲーム版で見せた性格の悪さは少なめ。

  • 上記のように色々書かれているが、それ即ちリタが悪い人間ということにはならない(コメディタッチのシーンを悪く解釈しているような部分もある)。要は受け取るあなた次第だということは覚えておこう。
  • というか彼女、ユーリ達と出会う前まで人間と積極的に関わろうとしなかった彼女が「道徳」や「礼儀」を学ぶ必要は全くと言っていいほどなかったのでここで云々言っても仕方ないと思うが。
    • そしてVのメンバーも破天荒なメンツが多い(帝都の常習犯ユーリ、その飼い犬ラピード、ピッキングするカロル、のぞきや暗殺など色々法に触れるレイヴン、魔導器を破壊するジュディス、そもそもの行動が無茶苦茶なパティ)ので道徳や礼儀なんぞあったものではないのであった…。エステルは深窓の令嬢で世間知らず、フレンも意外と下町育ちで荒っぽい一面あるし。

+AA

     ___
     , ´ o-oヽ    _
.     i  f从ノハ i   「∫!
    ルハi ゚ ー゚ルリ   !∫l にゃーん!
  ー‐≠/'j~亊「}こ幻_.j∫i
  / 為/_!芥!_,辷七弖ノ
.        ヒヒi