テレサ・リナレス / Teresa Linares

「それが秩序維持のために"聖寮"が敷いた規則です。違いますか?」
年齢:24歳 性別:女性
身長:168cm 体重:??kg
戦闘タイプ:一等対魔士
キャラクターデザイン:岩本稔
声優:コリーナ
冷徹な一等対魔士。ミッドガンド聖導王国北部の街ヘラヴィーサを統治する。
その冷酷さから氷雪の聖女と呼ばれるが、異母弟のオスカーには優しい女性。
  • 第2弾PVにて「やりなさい、二号!」と叫んでいた女性。
    • その二号とはライフィセットの事だった。ベルベットの前の使役者ということだろう。
      • 二号には自由にしゃべる事さえ容易に許可しない。
      • 使役聖隷の一号・二号は道具として扱っている。
        • 当初は幼い頃のオスカーを思い出させて愛着を感じ、髪色に合わせた真名をつけようとしたり二号にはマウリッツ織のリュックサックをあげたりしたが、感情を見せない彼らにはっとして道具としての扱いに変えた。要するに彼女なりの線引きであり、けじめなのである。
          • 実際には勝手に書庫へ行ってしまうライフィセットを見逃していたりする等、任務に支障をきたさない程度には結構自由に行動させていたりする。裏を返せば任務に支障をきたすようであれば自害まで命じるが。
    • 統治先のヘラヴィーサでは厳しくも腐敗を正すよき指導者として支持されている。ベルベットは、街単位で彼女と戦わねばならないかもしれない。
      • 結果的にベルベットらは、街じゅうに火をつけて混乱に乗じて船で逃げるという主人公にあるまじき行動を取ることに。結果、街は壊滅状態に。
        • その責任をとらされて別の町に左遷されるも、民衆からは彼女の帰還を望まれ続けた。
  • 一等対魔士だったので、テレサと筆頭対魔士であるアルトリウスの間に特等対魔士がまだ誰かいる事になる。
  • 上の写真ではマギルゥが隣りにいるが、これは人質に取られているらしい。また、別のシーンではマギルゥをビンタするシーンも…。
  • 武器は錫杖。まさか物理で殴るとは思えないが(しかしといえば…)、人間にも聖隷術が使えるのだろうか。
    • 聖隷術は使役聖隷経由で人間も使うことができる。スレイロゼとは一体…
  • 教条主義で行動し、「理」に厳しい性格。ヘラヴィーサの民にも厳しく掟を課している。
    • だが弟にはとにかく甘い。彼に再会した際に顔に傷を負った姿を見て、傷を負わせた業魔がベルベットだと知り殺意を懐くも、彼の前では穏やかな表情を崩さなかった。まぁ、大切な肉親に一生残る大怪我を負わされたのだから、これは怒るだろう。
  • 使役していたライフィセットを奪われ、オスカーを傷付けたうえ、街に火をつけて逃走しようとするベルベットに対して憎悪を抱く。
    • しかし、憎悪を抱くという事は「穢れ」を招くという事…まさか、業魔化もありえる?

+ネタバレ
  • ドラゴニア家当主の父と身分の低い妾の母の間に生まれた娘で、母の死後は家族ではなく使用人として家に仕えていた。
    • そんな中、弟のオスカーだけは自身を姉と呼び尊重してくれたため、彼が聖寮に入れられた際に彼を追って自身も聖寮へ入る程に彼を溺愛した。
    • 身に着けているイヤリングはオスカーが誕生日に贈ってくれたもので、一番大切な女性に贈るものだと返そうとするも、それは姉上だと彼が答えたとか。
      • たぶんオスカーは一番大切な女性=婚約者とは解釈してない。解釈した上でテレサに贈ってたらヨスガ的な意味でやばいが。しかしこの姉弟ならあるいは……
  • 同じ一等対魔士であるエレノアに対しては、(間接的ではあるが)彼女のせいで巡察官になる予定だったオスカーがタイタニアに任ぜられたことで傷を負ったので、あまり良く思ってはいない模様。ついでにいえばオスカーとも仲良くしているし。(勿論、エレノアは気無しだが)
  • 御座にてアルトリウスと対峙するベルベットに聖隷一号と共に術を用い、彼女を圧倒する。
    • それから二号、すなわちライフィセットに彼女を殺して自害するよう命令するも、自身の力を暴走させた彼に強引に契約を破られ、力によって開いた地脈の入り口へ逃走される。
  • アルトリウスがオスカーに命の危険のある未完成の神依の力を与え、ベルベットと戦わせようとさせたことに異議を唱え、自身が神依を使う、あるいは神依を使わせないためにも彼と共に戦うと願い出る。
    • だが彼女は神依の力には力不足であり、加えて「神依を使う前に倒されては都合が悪い」と却下された挙句、対魔士の資格を剥奪され使役していた聖隷一号を返還させられてしまう。
    • 失意に暮れる中で、彼女は自身が喰魔と融合する術に適合していることを、カノヌシに知らされる。
  • 最後の喰魔・ディースのいるリオネル島にベルベット一行より先回りしようとするも、彼女含め船員全員が壊賊病に罹ってしまったために、皮肉にも通りかかった一行に助けられる羽目に。
    • そして喰魔を差し出す代わりに自分を人質にオスカーを無傷で降伏させるようベルベットに取引をし、彼女もそれを了承する。
      • 結果的にオスカーによってテレサはベルベットから逃げ出したフリをして、彼を背後から杖で殴って気絶させた。
    • ベルベットに見逃されるものの、彼女はこの件でオスカーに失点を付けられることを良しとせず、約束を反故にし喰魔と融合して襲い掛かってくる。
      • そもそもベルベットがオスカーを傷つけたことをずっと根に持っていたので失点をつけられることだけでなく復讐したい気持ちもあったのだろう。
  • 敗れたテレサの仇を討つために神依を行使し、結果暴走したオスカーが目の前でベルベットに殺されたことで、激情に任せて彼女に襲い掛かる。
    • 制止されながらも錯乱した彼女によって致命傷を負い、そのままオスカーの遺体に寄り添うようにして命を落とした。
      • このシーンはTOS-Rのアリスデクスの死のオマージュが入ってる。
        • 可哀想な気もするが、ベルベットにしては二人に退路を与える等、かなり譲歩しており、半ば殺されても仕方ない状況だったのは事実である。
          • そもそもテレサはベルベットのことを弟を傷つけた仇として深く憎んでいたし、弟が殺されずとも襲ってきたのはテレサの方である。もともと約束を守る気などなかったのだろう。
            アリスとデクスの時は半ば過剰防衛でアリスにエミルが剣を振って庇ったデクスを殺してしまい、逆上したアリスをマルタが殺した…なのであちらは「殺さずに済んだかもしれない」可能性があったがこっちは殺す気で襲ってきているので正当防衛ではある。
  • なお死後も彼女の穢れ無き魂はベルベットの中に残っており、弟の魂共々四聖主覚醒の礎として用いられた。
  • ベルベットとは6つ下の弟を溺愛している・情緒不安定な一面を持つ・得意料理がキッシュ・美人という共通点を持つ。
    • アルトリウスとメルキオルがベルベットからカノヌシ完全復活に必要な「絶望の穢れ」を生み出す為にベルベットを精神的に追い込み、ベルベットがアルトリウスと同じく「姉の前で弟を殺す」を再現させるべくテレサを選んだ理由である。
      • 要するにテレサとオスカーは初めから贄として利用されたということになる。
        • テレサが聖隷を取られてもオスカーを守る為に喰魔と融合する様にカノヌシに仕向けさせ、オスカーに未完成の神依を与え、最終的に暴発するのを前提にベルベットが喰魔の特性を活かして引き剥がそうとするのも、折り込み済みだったという訳である。指示したのは博識なマギルゥであり、パーティーにマギルゥが入る様に仕込んだ理由の一つかもしれない。本当に、全部目論見通りに利用されてるな…
          • そもそも数が多いとは言えない聖寮の幹部格の一人が犠牲駒となる実験対象にされて一人が聖隷の剥奪による無力化を要求されるという明らかにコスパの悪い作戦やシグレの一言等、騙されていると気付いてもおかしくはないポイントはいくつかあるのだが、オスカー>>>>>その他という彼女の性質が命取りになったのである。
  • 実は古代文字が読めるので、聖寮側の古文書解読班に参加していたらしい。…どこで覚えたんだ…
    • とはいえ、アルトリウスとメルキオルはカノヌシについての情報なぞ(どれだけ遅くともラフィに古文書を読ませる様に付箋をつけて仕向けた辺りまでには)大体知り尽くしている筈だが…
      • カノヌシの性質を教え込む為に敢えてアルトリウスorメルキオルが読ませた可能性も。時間の無駄な気もするが。
  • シグレに才能がないとは言われたが、エレノアがSランク聖隷であるライフィセットとの契約で体調不良を起こしていたのに比べると、ライフィセットに加えてもAランク最上位クラスと思われるシルバと同時使役できていたり、才能はむしろ高い物と思われる。
    • シグレがそういったのはアルトリウスの利き手が復活する事を望んでいるための嘘、という可能性もある。シグレが先に神依を使わずに倒すと都合が悪いとネタをバラしかける発言をしたのは、これを言うには気が引ける部分があったのかもしれない。オスカーにも軽~く諭す発言もあったし。
      • 強聖隷2体使ってベルベット&ロクロウに敗北しているのだから、才能がないというのもあながち間違いではない気もしなくはない。とはいえ、統治、古文書解読、戦闘と文武両道の彼女の損失は聖寮にとって大きなものとなった様だ。
  • 結論からいえば聖寮的にはベルベットから「絶望の穢れ」が消えてしまったこともあり、無駄死にになってしまった。
    • ベルベット的にはアメノチの贄を手に入れたので有効に利用できたが。
  • アスタリアでは共闘ルーレットの景品として☆5で搭載されたが、喰魔化していないので秘奥義は使えない。


添付ファイル