ソウルゲージ

+目次

概要

ベルセリアで採用されたパワーソース。SGと省略される。
エクシリアのACとゼスティリアのSC(延いてはデスティニー2のSP)と関連ある特徴を持つ。

登場作品

ベルセリア

ソウルゲージにはゲージを構成するソウルというものが大きく関わっている。
ソウルは1つがSG30に相当し、初期状態では戦闘開始時に3つ所持しており、最大5つまで所持することができる。
ただしアドバンテージエンカウントでは4つ、リスキーエンカウントでは2つ所持した状態で戦闘が始まる。
ソウルの所持数が1つにつき1回連携を行うことができ、例えば3つ所持している場合は3連携まで技を出せる。
ソウルは敵を撃破、あるいはスタン・状態異常にすることで敵から1つ奪うことができる。
後者はプレイヤー側にも当てはまり、敵にスタン・状態異常をかけられることで自身のソウルを1つ奪われてしまう。
飽くまで「奪う」「奪われる」であるため、敵味方ともにソウルを1しか持っていない場合は撃破以外にソウルが増減することはない。
また敵の攻撃を回避する、味方が戦闘不能になる、「ブレイクチャージ」後に敵の防御を崩すとソウルが放出し、
これを取得することでもソウルを増やすことができるほか、スイッチブラスト?で登場した控えキャラのソウルを1増やせる。
他にも、秘奥義を使用することで対応した個数増加し、ソウルボトルを使うことでも回復することができる。
また、ブレイクソウルを行うと相手にソウルを1奪われる代わりに連携をリセットすることができる。
敵がブレイクソウルを使用した場合も同様に、ターゲットにされたキャラクターのソウルが1回復する。
続いてSGについて、術技およびアラウンドステップの使用時にSGを消費するが、SGが0の状態でもこれらを使用することは可能である。
ただし特技・奥義は相手がスタンに罹っていないと弾かれることがあり、聖隷術は詠唱時間が伸び、共通して確率効果が発動しにくくなる。
SGは待機状態で回復するほか、スナイプチャージによりSGが30回復し、料理効果でも回復できる。
加えて、弱点連携が終了した時点で使用した術技分のSGが自動的に回復する。この回復値はスキル効果で増加させられる。
また、称号の効果で術技の使用カウントに応じてSGの消費を軽減できるほか、スキルの効果により確率で消費量を半減させられる。
なお、ソウルの最大所持数および戦闘開始時の所持数は魔水晶?や称号の効果でそれぞれ増加することができる。


関連リンク

関連項目