ボクノ秘境。

ボクの軌跡


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

≪創作歌詞≫


ボクの軌跡





ひたすら続く道を行く

目指す場所などわからない

まっすぐに伸びるこの道を

疲れた両足で歩くだけ

誰のために歩き出した?

何のために歩き続けた?

自分が誰かさえ分からない

ただ途方に暮れ歩くだけ



大地に咲いた砂漠の花に

告げられたのは

過去のキヲク



誰になんと言われようが

「歩くのだけは止めない」

自分のココロに誓った

キヲクを取り戻した



何十年も経った後(のち)

ふと足元を見下ろすと

歩いてきた大地の上で

小さな自然が枯れていた

それを見た自分が嘆く

「哀しいかな小さな花は

今のボクとよく似ている」

ナミダは既に流れてた



ナミダを受けた小さな花が

「世界は変わる」と

ボクに告げた



誰になんと言われようが

「この世界を変えてやる」

ダレカのココロに誓った

言葉を思い出した

いづれ力尽きたボクの

蘇らせたその花が

たくさんの種を散らして

大地を蘇らせた



ラララララ ララララララ

ララララ ラララ ラララ

世界は確かに変わった

それがボクの目的

そのために歩いてた























































































≪広告≫