TBSのコンプライアンスを問うWiki 四次資料[みのもんたの朝ズバッ!不二家についての放送内容(時系列)]

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

みのもんたの朝ズバッ!不二家についての放送内容(時系列)



>みの 「いやあもういまの聞きました。いいですかぁ、何だよ不二家。
>昨年の11月に社内ちょうしゃで調査をしたところ、まずい、まずい、まずいど、マスコミに知られたら雪印のにのまいになると、こういう発言があった。
>『みのもんたに知られたら雪印のにのまいになるぞ』と、そういう気持ちがあったんじゃないかと。確かに雪印と言う名前が消えました、ね。
>ま、メグという名前になりましたよ。彼らはいま一生懸命努力してなんとかなんとか、ね。
>同じことを不二家は、マスコミに知られたら雪印のにのまいになるぞなんて言葉を使って言ってたと思うと。おはようございます」
>荒俣 「おはようございます」
> (シュークリームが2個のった白い皿を差し出しながら)
>みの 「なさけないですねぇ。ま、ひとつシュークリームをどうぞ」
>高木 「いやいや、はははは、え、え、えそれ不二家のですか」
>みの 「いや、違います。違います。違います。違います」
>高木 「ははははは」(大笑い)
>みの 「大変おいしいシュークリームでございまして。子供たちに夢と希望を与えてくれるシュークリーム」
以上の内容は不二家を意図的に貶めるための過剰演出だと思います。

>荒俣氏 「今の見ると要するになまものですよねこれ。消費期限の切れた消費期限ですよねまさに。
>消費期限は賞味期限違いますからねえ。まあ安全を脅かす問題だからね」
>みの氏 「すばらしい。その消費期限と賞味期限は違うということ。
>賞味期限はね、多少切れてもね、食えちゃうな味が落ちたけどですむけれども。消費しちゃいけないよともこれ以上」
>荒俣氏 「安全に関わる問題ですよ」
番組の『賞味期限』と『消費期限』への認識は元従業員の証言との絡みで重要と思われるため記載します。

>(みの)では行きます。今日のみのこだわり。ペコちゃん泣いてるよ。こんなお菓子食えるかよ。東京の不二家の本社で、ねえ、藤井社長以下首脳陣が謝罪。
>謝罪して済む問題じゃないんだよ。まず不二家のシュークリーム。消費期限、要するにもう使っちゃいけない、期限が切れてた、その牛乳使ってカスタードクリーム作る。
>アップルパイ。最大4日の消費期限切れのリンゴ加工品を使っちゃった。シューロール。基準値以上の細菌が出たのに売っちゃう。
>いや、杉尾さん、こうゆうのはなんてゆうんですか。食品衛生法上とか。
>(杉尾)そうですね。
>(みの)でももっと企業としておかしくない?
>(杉尾)雪印と同じ事だと思いますよね。あの教訓が全く活きてないという。
>(高木)その、シューロールの出荷基準量の、あの、10倍の細菌とは!
>(みの)たまりません。見てこれ。(おどけたような小バカにしたような口調)えー、品質管理の態勢、対応が不十分でした。不十分でしたで済む問題じゃないだろ。これ見て下さい。
>(藤井前社長会見V)誠に申し訳ございませんでした。
>(男の声)カメラの前で頭を下げる不二家の経営陣。去年の10月から11月にかけて消費期限の切れた牛乳を使い、
>シュークリームおよそ16,000個を製造販売していた事を認め謝罪しました。
>(街の声)やっぱ信用を失いますよね。消費者としては。何を信用していいのか分からないですよね。
>(男の声)しかし問題はシュークリームだけではなかったのです。アップルパイでも期限の切れた原料を使用。プリンの消費期限は社内基準よりも1日長く表示。
>そしてシューロールに至っては、業界が定めた基準の10倍の基準の細菌が検出されていたにも拘らず販売していたのです。更に…
>(藤井前社長謝罪会見V)即刻これはやめなきゃいけない行為でございますので、ま、それをどういう風にして改善していくのか、
>こっちをやっぱ優先したために、考え方に非常に甘い点が出たのではなかろうか。
>(男の声)不二家は「マスコミに知られたら雪印の二の舞になることは避けられない」などと記した内部文書を幹部に配布。
>組織ぐるみを見られる隠蔽を行っていました。昨日から全店舗で洋菓子の販売を休止して、品質管理の徹底をはかるとしている不二家。
>(FC店主)ま、7割の売り上げは吹っ飛んだですよね。これが長く続くのであれば非常に辛い事ですのでね。
>(男の声)消費者の信頼を裏切る食品メーカーの不祥事。波紋はまだ広がりそうです。
>(みの)あのー、なんですか、菓子類ですか、ケーキ類ですか、販売を止めればいいってもんじゃないんですよ、これ。はっきり言いますけれども。
>しかももっと許せないのはね、皆さん、これ組織ぐるみの隠蔽じゃない? 不二家の幹部にこうゆう内部文書が配られてたの。こうゆうものが出て来た。
>(フリップ読む)「近年、企業のコンプライアンスに関する不祥事は、その多くが内部告発に端を発するものであり、
>消費期限切れ原料の使用がマスコミに発覚すれば、雪印乳業の二の舞になることは避けられない」だって。こんな文章配ってて。
>こら雪印の関係者怒るだろう(不謹慎にもみの爆笑)。ねー。
>(高木)じゃこれは内部告発するな、するなって意味ですよね。
>(杉尾)内部告発に端を発するって事が。ちょうどそれも、去年のクリスマス商戦の前でしょ。
>だからそのクリスマス商戦が最大のアレなんで、そこに向けて隠したい以外の何者でもないわけですよ。
>(みの)ねえ、使っちゃいけない。これ以上消費しないで下さい、使わないで下さいよ、を過ぎちゃった牛乳、え?、あすこ、不二家のミルク…
>(高木)ミルキー。
>(みの)ミルキーがそうでしょ。
>(高木)もう牛乳の名前ですよね(笑)。
>(みの)参っちゃうねえ(怒)今度明るいニュース? はあー(大袈裟に嘆いてみせる)
>(竹内アナ)こちらもなんです、みのさん。
>(みの)またかよー。
>(竹内アナ)工場になんと、ネズミもいたという事が分りました。基準値超える細菌検出した商品の出荷。こちら(とフリップを出す)毎日新聞です。
>シュークリームに消費期限切れの牛乳を使用していた不二家は、昨日、藤井社長が会見を行い食品衛生法の規定の十倍、
>更に社内基準の百倍の細菌が検出されたシューロールを出荷していたことを明らかにしました。
>去年6月、埼玉県の工場で製造したシューロールで、基準を超える細菌を検出した113本をそのまま出荷したという事です。
>またこの工場では2004年1ケ月で50匹ものネズミを捕獲、去年の夏以降も2匹捕獲するなど衛生上の問題があった事が分かっています。
>更に社内調査の結果、1ケ月前に問題が報告されていたにも拘らず、発覚すれば雪印の二の舞等と発表を先延ばししていたことも判明。
>消費者からは厳しい声も相次いでいます。
>(みの)酷過ぎるな。
>(竹内アナ)酷いですねぇ。
>(みの)はっきり言うけれども。はあー。じゃ、この通りに製造したもの食っちゃった人はどうやって慰謝料請求できんの。
>(竹内アナ)自分では分からないですもんね。
>(みの)大変なことになるよ、これは。
>(竹内アナ)(食べた方)いるはずなんですけどね。
>(高木)食中毒が起きなかっただけでもよかったです。
>(みの)中には他の原因かと思ってる人もいるでしょうね。
>(高木)そうですね。
>(みの)まさかシュークリームで下痢したなんて思わねえなんて人が、出てくるかもしれない。
>(竹内アナ)続いてもその記事です。不二家ブランド失墜。現場に圧力。安全よりもコスト優先だったという、色々実情が分かってきました。
>読売新聞です。不二家が消費期限の切れた原料等で作った洋菓子を販売していた問題は、少子化で業績が低迷する中で、コスト削減を優先し、
>安全性への態勢を後回しする企業体質を浮き彫りにしました。
>輸入洋菓子の攻勢で不二家の洋菓子部門は2003年3月期から営業赤字が続いていて、去年以降は主原料の砂糖や、
>段ボール等の包装資材の価格高騰も業績悪化に追い討ちをかけています。不二家は洋菓子を値上げせず、企業努力でコスト増を吸収していますが、
>経営環境は厳しくコスト削減の圧力が生産現場に重くのしかかっていました。藤井社長は、生産コストの管理はメーカーとして当然だが、
>食品会社は品質あってのものだということを反省している、とコメントしてます。
>(みの)あのね、厳しい事言うようだけど、コスト削減コスト削減、リストラリストラリストラ、そりゃ一理あるんだけれども、
>そこまでしなければいけない、ね、そこまでしなければ営業できないでは、こりゃ営業しちゃいけないんだよ。
>(竹内アナ)そうですね。
>(みの)会社の経営者として経営しちゃいけないの。そうゆう企業は。これは企業責任ですから。こうまでしてやんなきゃいけない、
>違法行為までしなければできない、それは商法上認められない、そんな会社は。そのぐらい厳しいことを経営者だったらわかる筈なんだけどね。
>経営しちゃいけないの、そこまでしなきゃいけないのなら。それをちゃんと守った上で、経営は許されるんだから。
>これ社会的な(聞き取れず)別の観点からも大きいです。あ、やっと明るいニュースだよ。

>(みの)これがあ。どうしたどうしたペコちゃん。戦後六十数年。ほんと私たちはね、不二家のペコちゃんポコちゃんの頭なでながらね、戦後乗り切って来たんですよ。
>『ペコちゃんも泣いている不二家全店で洋菓子の販売休止(見出し)』首脳陣がお詫び。何があったの。消費期限、使っちゃいけねえぞ、
>切れた牛乳でシュークリーム作って売っちゃった。
>アップルパイも期限切れの原料を使って作って売っちゃった。シューロールに至っては基準以上の細菌が検出されたのに売っちゃえー。
>しかも幹部には、いいですか、不二家の幹部に「マスコミに知れたら雪印の二の舞になる」こんな警告回してた。
>(女性の声)また食品メーカーの不祥事。
>(前社長謝罪会見V)誠に申し訳ございませんでした。
>(女性の声)大手菓子メーカーの不二家が消費期限の切れた原料を使ってシュークリームやアップルパイを製造販売していた問題で、
>不二家が組織ぐるみと見られる隠蔽を行っていたことが明らかになりました。
>不二家の経営陣は去年10月から11月にかけて消費期限の切れた牛乳を使ってシュークリームおよそ16,000個を製造販売していたことを認め謝罪しました。
>(街頭インタビュー)1凄いショックですね。ペコちゃんが多分泣くと思いますけど。2やっぱ信用を失いますよね、消費者としては。何を信用していいのか分からないですよね。
>(女性の声)問題はシュークリームだけではありませんでした。アップルパイでも期限の切れた原料を使用。プリンの消費期限は社内基準より1日長く表示。
>シューロールに至っては業界が定めた基準の10倍の細菌が検出されていたにも拘わらず販売していました。
>ペコちゃんでおなじみの不二家は1910年、明治43年横浜の元町の洋菓子店として誕生。
>シュークリームは1914年、大正3年に日本で初めて販売しました。操業97年の老舗なのです。また会社のキャッチコピーは「おいしさはしあわせに向かう」
>(社長会見V)記者:工場ぐるみでやっていたのか、それとも担当者独断でやっていたいのか。
>社長:この件に関しまして、え、今、まだ調査中、調査が確定をしておりませんので。ま、これが企業ぐるみなのか、
>個人のものなのかということに関しましては、断定が出来ない状態でございます。
>(V中略)即刻これはやめなきゃいけない行為でございますので、それをどういう風にして改善をしてゆくのか、やっぱりこちらを優先したために考え方に非常に甘い点が出たのではなかろうか。
>(三浦常務が内部文書朗読)埼玉工場の期限切れ原材料使用について。近年、企業のコンプライアンスに関する不祥事のその多くが内部告発に端を発するものであり、消費期限切れ原料の使用がマスコミに発覚すれば、雪印乳業の二の舞をなることは避けられない。
>(女性の声)不二家では、マスコミに知られたら雪印の二の舞になることは避けられない、などと記した内部文書を幹部に配布。
>組織ぐるみと見られる隠蔽を行っていました。
>ようやく事態の深刻さを認識し、今日から全店舗で洋菓子の販売を休止して品質管理の徹底をはかるとしています。
>(FC店店長V)ま、7割の売り上げが吹っ飛んだですよね。これが長く続くのであれば非常につらい事ですのでね。
>(女性の声)雪印時件の教訓が活かされず、再び起こった食品メーカーの不祥事。波紋はまだ広がりそうです。
>(みの)兎に角、我々のスタッフが手に入れた内部文書なんですけど、酷い。
>(フリップ読上げ)近年、企業のコンプライアンスに関する不祥事のその多くが内部告発に端を発するものであり、
>消費期限切れ原料の使用がマスコミに発覚すれば、雪印乳業の二の舞をなることは避けられない。こういう文章。
>このコーナーから弁護士の大沢先生においで頂きました。お早うございます。
>(大沢)お早うございます。
>(みの)こんなの回してたんですよ。
>(大沢)という事は、あの、内部告発すると自分の会社潰す事になるよ、だからやっちゃいけないよ、ってゆう風にしか読めないですよね。
>(みの)しかも出てくる出てくる。まずシュークリーム。消費期限が切れた、この牛乳を使って、カスタードクリーム作って売っちゃった。
>アップルパイ。これまた最大4日の消費期限切れのリンゴの加工品、これを使って売っちゃった。シューロール。
>基準値以上の最近が出ても売っちゃった。これ、どうゆう罪という?
>(大沢)まあこれフリップありますけどね。
>食品衛生法に違反する疑い非常に強いですね。
>つまり有害物質の、あの、混入したもの、あのー、或は、その虞れのあるもの、人の健康を害する虞れあるものを販売したっていうところで、問題になるわけです。
>その場合に、勿論、そのものが、買った人に対して民事上の責任はある。
>それはあまりたいした事ないかもしれない。怖いのはですね、刑事責任があるんです、これは。
>これは3年以下の懲役、または20年以下の罰金という事になってますけど、それ以上に怖いのはまあ、あのー、行政責任ですね。
>要するに、営業を禁止される虞れがある、内容によってはですね。
>そうゆうものが立証されれば、あのー、国、全国レベル、都道府県単位レベルでいえば知事の許可を取り消されたり、それによって一定期間できないという状態になりうる。
>そうゆう行政責任がありうるという事です。
>(みの)不二家はこれ上場企業なんですよ、株式を公開してる。株主に対する責任なんてこれ、大変じゃないですか。
>(高木)大暴落でしょうね。
>(みの)史上なんか7番目かなんかの大暴落。
>それで皆さんね、私、戦後六十数年不二家って話しましたけど、明治43年に出来てんですよ。横浜の元町に藤井林右衛門が洋菓子店、日本で初めてクリスマスケーキ販売した。
>大正7年には日本で初めてシュークリームとエクレア。昭和25年にペコちゃんが誕生した。ねえ、年齢6歳。> >(西暦19)51年にボーイフレンドのポコちゃんですよ。で、ミルキー発売大ヒット。これミルキー、あたしも食べましたよ。
>で、しかも昭和27年にはソフトクリーム国産第1号を販売している。ねえ〜。操業90周年を迎えてペコちゃん生誕、誕生50周年を迎えてる。
>名門なんですけれども、もう一つ、不二家って何故ついたか調べました。勿体ないな〜あ。
>創業者の藤井林右衛門のフジと、二つとない会社をかけた不二家。ね〜、こうゆう意味だったんですよ。勿体ないですよね〜。
>(荒俣)社名が泣きますよね。これ。本当にねぇ。
>(みの)いずれにしても埼玉かどこだか分かりませんが、工場を調べたらネズミが50匹捕まったって。それも不衛生極まりないですよね。
>今後どういう風に進展して行くんですか。これは。
>(大沢)まあ、あの、実際にそうゆう内容がどの程度のものであったか、また犯罪に触れるものであるか、レベルまで行ったのかってことを調べることになるでしょう。
>(みの)なるほどね。
>(大沢)ま、行政的も刑事的にもそうゆうことになるだろうと思います。


2007年1月13日(土)
「みのもんたのサンデーずばっと」
http://www.veoh.com/videos/v16281551RNDDhnwc
>みの 「いいのかおいって事が10日に発覚。不二家、消費期限切れ牛乳を使ったシュークリームの販売が発覚しました。
>賞味期限じゃないんですよ。消費期限。使ってはいけないよという。 
>ところが同じ不二家です。次の木曜日に謝罪会見をした。洋菓子の販売を休止したんですが、この謝罪会見の中でもまた新たな事がわかった。 
>騒然とした中で今度は金曜日。全国5つの工場を立ち入り検査をした。また、新たな事がわかってきました。 
>要するに、私なんか戦後62~3年たってますけどね、ペコちゃんポコちゃん、あのお人形のあるお店にいってお菓子を買うのが楽しみだった。 
>去年の10月から11月にかけて消費期限が切れた牛乳を使用したシュークリーム約1万6千個を製造して販売しちゃった。 
>さらにもう一つわかったのは、アップルパイ。これも期限切れの原料だけども使っちゃえ。 
>プリン。これも消費期限を1日長く表示しなおしちゃった。 
>シューロール。基準を超える細菌が検出されてもう食いモンじゃなかった。 
>11月。社内調査で事実を把握しました。1月10日に報道で問題発覚。11日謝罪会見洋菓子の販売休止とこういう事になりました。 
>岩見さん。大事な食べ物ですからねぇ」 
>岩見 「特に腹立ったのはあの内部文書ですね。発覚したら雪印の二の舞になるってあの内部文書はね、恐るべき感覚ですね」 
>みの 「近年、企業のコンプライアンスに関する不祥事は、その多くが内部告発に端を発するものであり、
>消費期限切れ原料の使用がマスコミに発覚すれば雪印乳業の二の舞となることは避けられない。 
>こういう文書が担当部署に配ってたっていうんです、平沢さんどう思います」
>平沢 「ですから危機管理ができてないんですよね。要するに万万が一っていうのを考えるのが危機管理なんですよ。ですからもし隠してたって事が分かったら、もう不二家さんにとってみれば会社が潰れるかどうかの大変な問題になるって事がわかってないんですよね」
>みの 「内部告発によってそういうのが出るとまずいから内部告発するなよって言ってんですからね」
>平沢 「出る可能性があるわけですから。そこを分かってないんですよね」 
>みの (苦笑して)「鳩山さん」
>鳩山 「やっぱり貧すれば鈍するって話ですよね。やっぱり経営内容が相当悪くなってたわけでしょ」
>みの 「らしいですね。そこへもってきてですね、上場会社ですから。1月の9日236円がだーっと下がり始めて。
>1月の12日に198円まできたんですが、これ戦後何番目かの暴落が始まってるよという発表になっております」 
>みの 「保健所の立ち入り検査。要するに工場で、50数匹のネズミが捕獲されて大変な事になりました。
>おいおいじゃあ工場でネズミがってどうだったんだ。 みの全国にある工場でやりました。
>佐賀大阪は、まぁ佐賀はこれから発表する。大阪は問題ないと。栃木も問題ないっつったんですけど札幌では、使用記録の一部に不備があったと。一応不備としておきます。 
>ところが埼玉、問題なのは。記録が一切破棄されたのか隠されたのか分かりませんがどこにも見つからない。これ一体どういう事なのかと。 
>厚労省は各自治体・保健所からの報告を受け週明け以降対応するか協議をするという事なんですけれども、
>これ厚生労働省の動きってのはこんなにニブいもんなんですかね。どうなんですかこれ」
>平沢 「そうですねもうちょっと早く…これ食べ物に関する事だから…動きがもうちょっと早くてもいいんじゃないかなって気がしますけどね」 
>みの 「そうですよね。去年のクリスマスを挟んで、ケーキ類を完売しちゃいたい気持ちはわかるんですけれども。
>ポコちゃんペコちゃんあの人形が僕は可哀想でしょうがないですよ」 
>平沢?「泣いてんじゃないでしょうかねあのペコちゃん人形」 
>みの 「泣いてますよ多分ホントに」 


>(株価の推移を示すボードをもちながら)
>みの 「そこへ持ってきてですねこれ上場会社ですから。え~1月の9日、236円がダーっと下がり始めて、ねえ。
>1月の12日に198円まできたんですがこれ、戦後何番目かの暴落が始まってるよということが発表になっておりました」
この部分かなり問題になる発言だと思う。
不二家株価の推移 http://company.nikkei.co.jp/indexs.cfm?scode=2211
風説の流布 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A2%A8%E8%AA%AC%E3%81%AE%E6%B5%81%E5%B8%83
証券取引等監視委員会 http://www.fsa.go.jp/sesc/
東京証券取引所 情報受付窓口 http://www.tse.or.jp/sr/mail/info/index.html


>みの 『ではいきます、みのこだわりは!! こだわっちゃうよね~~ 
>ほんとにペコちゃん、どうしたの~ このペコちゃんのお人形貴重品なんですよこれ、全国の小売企業31社で、まあミルキーなど 不二家商品、撤去とゆうことになりました。 
>なぜって? そりゃそうでしょう、先週発覚した不二家のずさんな衛生管理の問題、子供たちが口にするお菓子の安全をね守れないとは何事ですか!? さあ週末の動きをまとめてみました』 
>VTR挿入 
>ナレーション『牛乳だけでなく新たに卵まで消費期限のものを使っていることがわかりました。』 
>(不二家レストラン前でインタビュー)メガネの男 『やっぱり口に入るものなんできちんと品質管理してもらいたいんですけど』 
>ナレーション 『消費期限切れの食材でシュークリームなどの洋菓子を製造販売していた不二家。ふじやでは先週木曜から洋菓子の製造販売を休止し 
>ましたが大手スーパーなどではミルキーなどそのほかの不二家製品についても撤去する動きが徐々に広がっています。
>マタ全国には不二家フランチャイズ店が707ありますが現在休業中。その補償についても詳細は一切決まっておらず、オーナーの声にも不安の声が上がっています。
>社内では去年11月に把握していたとされるこの問題、公表が稼ぎ時のクリスマスシーズンを終えてからだったことも不信感を募らせる要因になっています。 
>マタ今回工場では毎月数匹のねずみが捕獲されていたことも判明、はたして消費者の信頼は取り戻せるのでしょうか。
>不二家は今日再び会見を開く予定です。』

>みの 『牛乳もダメ、卵もダメ、口に入れるもの全てがダメだってことですよね~ 
>ところがこの不二家とゆうのはですね、フランチャイズ店を持っているんですね。
>洋菓子販売を休止した約800点の内フランチャイズ37都道府県707店舗あるんです。
>ダァーーーーっと、こりゃフランチャイズ不二家を信じてやってる人たまりませんよ、ねえ。
>そしてねフランチャイズをね結んでフランチャイズ店になった経営者の声、 
>「一刻も早く販売を再開したい気持ちも正直あるが消費者の皆様が納得できるまで我慢です」 
>と、つらい気持ちだね~  
>「私たちも被害者だとゆう側面もあります 消費者の皆様には関係ない本当に謝りたいと思います」 
>フランチャイズのかたそうですわね(←?よく聞き取れないです) 
>コメンテーター青 『これが本当のまっとうな反応ですよね』 
>みの 『そうですよね~、ところが未だにね、今日記者会見やるらしいですけど、不二家委員会外秘内部文書って去年の11月13日、
>いよいよこれからクリスマスだ歳末商戦だと入るときにね、使っちゃい けない牛乳、使っちゃいけないよ、消費期限切れた卵。どうするか? 使っちゃえ、しかも・・・・ 
>●近年企業のコンプライアスに冠する不祥事は、その多くが内部告発に端を発するものであり、消費期限切れの原料の使用が・・・ 
>(これでもかと強調しながら→)マスコミに発覚すれば雪印乳業の二の舞になることは避けられない 

>みの 『内部告発なんかするんじゃないぞお前たち、こうゆうのは・・・これは経営感覚として絶対いかんことです。』 
>TBS解説委員杉尾秀哉 『前の記者会見で気になったのは、そのー使用期限切れの牛乳を使ったのは従業員がやったことだと
>ずいぶん強調してたんですけど、今日の新聞記事によるとその従業員もパートの従業員だったんでしょ。
>こうゆうその牛乳を使用するしないをですね、そうゆう人の判断に委ねられている、じゃあマニュアルはないのか? 
>どうゆうふうな、要するに中のルールでやっているのかとか全然出てこないんですよね』 
>みの 『埼玉の土ッ鹿野工場に行ったら、製造記録から全部無い。無いってどうゆうことだ?
>隠滅を図ったんじゃないかとくらい疑われちゃうこりゃーまたー』 
>青シャツ 『基本動作が出来ていないですよね』 
>杉尾 『やっぱりその商品の安全性、食品の安全性ってことに対する意識が著しく欠如しているとしか言いようが無い』 
>みの『ね~~~、まあ大変歴史のアルペコちゃんのお人形にも申し訳ない』

>みの 『そうかと思えば、不二家しっかりしろオラー』 
>女子アナ 『いろいろなことがマタわかってきております不二家期限切れの牛乳パート社員に押し付け廃棄許されないような・・・』 
>みの『これは犯罪だよ、犯罪これ』 
>女子アナ『こちらは毎日新聞です。不二家埼玉工場で製造されたシュークリームに消費期限切れの牛乳が使われていた問題で、
>牛乳を使用したパート従業員はあまった牛乳を別の部署から押し付けられていたことがわかりました。 
>不二家では季節や連休などに合わせ各商品の需要を予測し材料を仕入れています。
>ところが去年の10月から11月ごろ商品の需要が予測を大幅に下回り埼玉工場で牛乳が大量に余ったため牛乳を最も多く使う
>シュークリームの製造ラインに余った牛乳が集中したとゆうことです。
>埼玉工場は栃木県の工場等と共に環境保護に関する国際規約ISO14001廃棄物削減に取り組んでいる。 
>廃棄物が増えると是正方法を報告することが義務付けられており、この報告義務が従業員のプレッシャーになっていた面があった。』 
>みの 『なんのためのきそくかわからない、その規則のために規則違反をする最悪の事態だね。日本工業規格なんてこれは剥奪以外なにものでもないね』 

>みの 『看板だけで中身はまったく実体が伴ってない、伴って無いどころか犯罪行為になってたんだから、
>しかもそれが上からのあれでやっていたでしょ、組織としてどうしようもないね。
>ね~~、そうかと思えばさ、可哀想になフランチャイズ契約したところは』 
>女子アナ 『不二家フランチャイズ店に休業補償、長期かすれば業績に影響が出てきそうです』 
>女子アナ『日本経済新聞です、不二家は全国およそ700のフランチャイズチェーンの洋菓子販売店の対し、今週中に一週間分の休業補償を行なうことを方針を固めました。
>原則として店の販売額から仕入原価等を引いた粗利益分を補償する予定で具体額は平均的な売上実績や運営する店舗数を総合的に考えて決めるとゆうことです。
>フランチャイズには個人経営の店も多くアルバイトらの賃金家賃など営業休止中でも費用がかかる上、販売再開の時期が不明なため
>当座の資金を提供することでFC店の不安を軽くする狙いがあります。
>今回の補償の総額は8000万から9000万とみられさらに販売休止で一日あたりの減収額は平日で6000万から7000万円、
>土日は一億円に上るため長期化すれば業績に深刻な影響を与えかねないと生地は伝えております』

>みの 『あたえかねないっつったって、あなたこれだけのことやってるんだから操業なんて出来るわけ無いでしょ。
>体質とかさ組織そのものを根底から作り変えないかぎり存続なんかできるわけ無いじゃん。』 
>杉尾 『元々お菓子市場自体がですね、少子高齢化時代で市場自体が縮小してるんですよ。
>不二家自体も経営が良くなくなって経営再建策ってのを出すてゆう、そうゆう段階だったわけですよね。
>余計にショック大きいですよね。今度バレンタインの時期でしょ?一年中で一番稼ぎ時ナ訳ですから』 
>みの 『時期がね去年の11月でしょ。これからクリスマス・歳末。使っちゃえ~、やっちゃえ~、雪印の二の舞になるから内部告発やめるみたいな。
>ダメ!もう根底からダメだ』







>みの 「不二家の商品を扱っている色んなお店あるじゃないですか。
>そういうお店側も、あ、そういうことがあって、まだ改善されてないのなら、置かないぐらい毅然とした態度とってもらわないと困るな」
>木元 「お店困ってますよね、チェーン店の人たち」 
>みの 「フランチャイズ契約したところなんか、今度逆に犠牲者ですよ」 
>大沢 「損害賠償請求してもいいんだ」 
>みの 「補償するって言ってますけどね。当然だ。補償能力があるかないかですね、不二家に、今。 大変なことになってますからね。 
>じゃあ、不二家という会社を信じて、不二家という会社に(みのの発言の侭)所有した株主はどうなるんだろ。 
>株主ってのは不二家と言う会社の所有者ですから、株主と所有者ってのは同じだって。 
>所有って意識がね、株主に、日本の場合、どうもね、希薄で無いんですよ。えー、所有者としてどうするか考えた方がいい。さて、兵庫の姫路に・・・」 



>みの氏の発言 
>「もう、悪あがきは止めた方がいいって。はっきり言うけれども。本体に赤字が出てるんだから。 
>僕、もしかしたら粉飾してるんじゃないかと思いましたよ、僕。 粉飾しなかったら、株価なんか出ませんよ。 
>でも株価が、今ちゃんと出てるってことはね、それなり信じてるって人が投資してるっ てことだから、ねえ。 
>これちゃんと調べた方がいいかもしれない。 大変なことになりますよ、上場会社が粉飾しただなんてことになったら。」 
根拠となる証拠が無いにも関わらず、不二家が粉飾決算を行って株価を維持していることを匂わせる
発言をすることによって視聴者に不二家が粉飾決算を行い、株価を操作しているかのように伝えた 。


2007年1月22日の放送より

>自称元不二家従業員
>①それをまた溶かしてぇ、でまた製造し直すってことがあったのでぇ 
><カット> 
>②絶対ばらすなよ(笑)、とか言われてたんですけどぉ 
><カット> 
>③初めのうちはぁ全部が賞味期限だから、ゴミ箱のほうに入れてたら怒られてぇ 
><カット> 
>④パッケージにぃ、一つ一つにラベルがあって そこに製造(年?)と賞味期限が書いてあるってことなんで 
>⑤それをもう一度パッケージし直すために裸にして欲しいんだって言われて、一生懸命それをやってたんですけど 
><カット> 
>⑥もう一回溶かしてぇ、また一から製造し直すってこと何ですけどぉ 
>⑦あのー賞味期限が切れて、店舗から売れ残った商品を・・・あのまた・・・あの引き、引き受けてぇ 
>⑧それをまた溶かしてぇ、でまた製造し直すってことがあったのでぇ 
>
>※注意(笑)は笑いながらの意味。(年?)は聞き取れなかった部分とその憶測 。①と⑧は同じ映像と思われ。<カット>以外はノーカット 
この証言についてはTBS側もいくつかの間違いを認めているのになぜ訂正放送をしないのか。

放送法 http://www.houko.com/00/01/S25/132.HTM
(訂正放送等)第4条 放送事業者が真実でない事項の放送をしたという理由によつて、その放送により権利の侵害を受けた本人又はその直接関係人から、
放送のあつた日から3箇月以内に請求があつたときは、放送事業者は、遅滞なくその放送をした事項が真実でないかどうかを調査して、その真実でないこ
とが判明したときは、判明した日から2日以内に、その放送をした放送設備と同等の放送設備により、相当の方法で、訂正又は取消しの放送をしなければ
ならない。
2 放送事業者がその放送について真実でない事項を発見したときも、前項と同様とする。
3 前2項の規定は、民法(明治29年法律第89号)の規定による損害賠償の請求を妨げるものではない。

上記放送内容の法的考察はhttp://www31.atwiki.jp/tbs_compliance/pages/14.htmlで行っています。

>みの 「僕ねー、例えばこれ製造業ってのは、在庫の管理ってのはまず徹底してなきゃいけない在庫・・・
>なぜ徹底してなきゃいけないかって、どのくらいのものを仕入れて、どのくらいの製品として出て行って、どれだけの利益をあがったか、
>だから とーぜん不良で、廃棄しなきゃいけないものを使って新しい製品を作ってたら、在庫管理どういう風にしてたんですかね」 
>コメンテーター一同(小声で) 「そ・・・そうですね(うん うん)」 
>みの 「しょー、これ帳簿閲覧しなおさないと、ダメだと思いますねこれは。経営自体がちょっとおかしいんじゃないかと思います」 
>(コメンテーターが何か言いかけるがみのはそれを遮って )
>みの 「だってそうでしょ。既に仕入れて製品にしたチョコレートをまた解体して、まぜて新しい製品として売る」 
>(たまらず杉尾が割って入る) 
>杉尾 「で、それ回収しなけりゃいけないですから」 
>大澤 「回収ですよね」 
>杉尾 「誰が回収したかっていう・・・」 
>みの 「で、帳簿上どういう風に動いているのか 知りたいですよ、私は。」 
>杉尾 (上記のみのの発言と同時に)「何のために回収したかという。」 
>みの 「ま、公認会計士さんが入ってるでしょうから、どういう その・・・(コーナー終了のチャイム)ね。
>ま、経理をしていたのか、そっちのほうが問題ですな。上場会社ですからね。上場責任は大変だと思いますよこれは」 
>柴田 「責任のある社員と、それからまったく責任が無い社員とね。ま、いるわけですから」 
>みの 「だって、解体して作った新しい製品を、として売り出していたら会社側が指示しない限りできないでしょう。
>会社側が知らねーで。うちまた新しい製品でたのかなんて言えないじゃないですか。信じらんない」
この日の発言の検証はhttp://www31.atwiki.jp/tbs_compliance/pages/20.htmlで行っています。


1月23日

>みの氏 「もうはっきり言って廃業してもらいたい。
>こんなバカなことをやってる不二家がね、そのまま社長が交代したからといってね、 
>メーカーとして存続できること自体がおかしい。消費者をナメるんじゃない!」

>「こういうメーカーがのうのうとしていること自体がおかしいんですよ。みなさん」


2007年1月26日放送分より引用
http://www.veoh.com/videos/v16213214hHy7N8gC

>APAホテルの謝罪会見のあと
>女子アナ 「ずさんな衛生管理がまた明らかになりました。
>不二家は食中毒を引き起こす恐れのある黄色ブドウ球菌がなどが検出されても、社内の基準を下回っていれば販売してもかまわないとする
>独自のマニュアルを作成していました。
>不二家が作成した食品衛生マニュアルによりますと、食中毒を引き起こす恐れのある黄色ブドウ球菌については1グラムあたり1000個
>を超えて検出された場合は回収するもののそれ以下なら工場長に報告し対応を検討することなどに留めています。
>国が定めた生の洋菓子の衛生規範では、黄色ブドウ球菌が検出された製品は一切販売できないことになっています。
>この基準に違反しても罰則はありませんが、不二家が国の基準からかけ離れたゆるい基準で衛生管理を行っていた実態があらためて浮き彫
>りになりました」

>みの 「信じられますか皆さん。いろいろ出てくる出てくる。まあ、今度は。
>洋生菓子の衛生規範、厚生労働省はこう規定してるんですよ。大腸菌群、黄色ブドウ球菌が検出された製品は販売してはならない。
>なぜならば、国の基準で検出されたら絶対に販売出来ない菌。大腸菌群、下痢や嘔吐等の症状を引き起こす。黄色ブドウ球菌、下痢、嘔吐、腹痛等の症状を引き起こす。
>だから、1個でも見つかったら販売しちゃいかんよとゆってんの。にもかかわらず、不二家は勝手に自分の会社の中で、細菌検査に関してはこうしろ。
>大腸菌群、1000個以下なら現場に注意して改善してください。1000個以上なら工場長に言いなさい。1万個以上なら初めて回収しなさい。
>見つかったら売っちゃいけないの。黄色ブドウ球菌も、100個以下だったら製造現場に注意して改善の指導をしなさい。
>手とか指が化膿していた作業者がいなかったか調査しなさい。100個以上なら工場長。1000個以上なら回収。勝手に社内規定で決めた。
>見つかったら出たら、売っちゃいけないの作っちゃいけないの。これ杉尾さんこれやっぱりメーカーとしては」
>杉尾 「これありえないですね」
>みの 「ありえないですね」
>杉尾 「その1000個とか1万個っていう基準がどういう基準で、そういう、あの、個数を決めたのかすらわからない。科学根拠がないというふうに言われてもやむおえない」
>荒俣 「体験値じゃないかなと思うなあ」
>杉尾 「実際、これに基づいてどういう出荷をしていたのかも知りたいとこですねえ、消費者としては」
>みの 「だからこの間、埼玉かどっかの工場に新しい新社長が行ったときに『絶対に中は見せません』それじゃよけい不信感つのちゃいますね。
>そこえもってきてこういう決まりがあったって言うんでしょ。これ、お国はどうするんですかね。
>これ、不二家って上場企業でしょ。上場責任から株主のこの不信感から大変な問題に発展しそうですね。
>食べてたわけ今までこういう基準のお菓子をこれ。ハァ~」
>荒俣 「よしんば罰則規定等がないにしてもこれ安全の問題ですからね。97年もやってる会社がこれ守れないというのはこれ困りますね」
>みの 「なんでこんなもの作っちゃったんだろ。めんどくさいからやっちゃった」
『洋生菓子の衛生規範について(昭和五八年三月三一日)(環食第五四号)』
http://wwwhourei.mhlw.go.jp/cgi-bin/t_docframe.cgi?MODE=tsuchi&DMODE=CONTENTS&SMODE=NORMAL&KEYWORD=&EFSNO=4906
下の方に載ってますが、ポイントは
① 細菌数(生菌数)は、製品1gにつき100,000以下であること。
② 大腸菌群が陰性であること(生鮮果実部を除く。)。
③ 黄色ブドウ球菌が陰性であること。


大腸菌と大腸菌群はまったく違うもの。
http://204.3.212.198/bbs/patio.cgi?mode=view&no=3082


2007.1.31

>「不二家異物混入…もう異物と言うより汚物だね。こうなると」
もっと詳しく!


2007.2.7

>TBS解説委員でアナウンサー・スクール校長の吉川美代子アナが知人か
>ら聞いた話として「本当に汚いらしいですから。基本的な手洗いからやらなくちゃ
>いけないと~」
と、「知人の話」という情報ソースの正確性の全く無い発言を行った。


検証にご協力ください。

  • 1月13日の「戦後何番目かの暴落が始まってるよ」
    この発言は根拠もなしに視聴者の不安を煽り、株価を下げるための発言ですね。
    テレビでこういう発言をすることは虚偽の風説の流布にあたるのではないでしょうか。 -- 名無しさん (2007-04-09 12:35:59)
  • こんなのもあるよ。
    http://www.youtube.com/watch?v=mLnpORCGjcQ&NR=1 -- 名無しさん (2007-04-10 12:19:00)
  • みのの発言の流れを見ると、どうしても不二家には「廃業」してもらいたかったようだ。
    雪印やAPAに対しては寛大な態度を見せるのに不二家に対しては厳しすぎる。
    裏に何かあるようにしか思えない。
    -- 名無しさん (2007-04-10 15:10:58)
  • ここの動画もすべて消されたようだ。 -- 名無しさん (2007-04-10 18:20:49)
  • みのもんたは、「おもいッきりテレビ」のプロデューサーと同じくらいの主導権を持っていると思いますよ。だから、番組の表に出て、世論を自分たちで煽動しようと企んだのかもしれません。当然、裏に何らかの企業や人物が動いている感じがしますね。 -- 名無しさん (2007-04-17 15:01:53)
  • ぬいた+.(・∀・).+♂ http://s.64n.co/ -- age (2012-01-05 09:46:11)
名前:
コメント: