TBSのコンプライアンスを問うWiki 四次資料 みのもんたの朝ズバッ!不二家についての放送内容テキスト その3

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

1月19日
8:10〜8:16
(みの)さあ、もう一つ。ペコちゃんです。この不二家のこの看板が泣いてますよ。いいですか、皆さん。今日は「えっ」とまず書かせていただきました。ほんとにね、えっと思いました。えっ、お菓子の中から虫? 期限切れのシュークリームの改造? なんだそれは。工場でも、店舗でも、甘過ぎた衛生管理。ね、これ甘過ぎたと書きましたけど、私に言わせりゃ、ふざけるなですよ。元従業員の方が「やっているうちにマヒしてくるんですよ」
(女の声)農林水産省は昨日、不二家の本社と洋生菓子を製造している埼玉工場、泉佐野工場に立入検査を行いました。そんな中、揺れる不二家に新たな問題が。ペコパイから虫。2005年不二家のチョコスナックペコパイを京都市内で購入した男性が、箱の中に体長1.5ミリ程の虫が数匹は入っているのを発見。数日後男性の家族が同じ商品を購入したところ、また同じ虫が箱の中に。男性は不二家に連絡。不二家は男性の届け出からおよそ一ヶ月後、調査結果を男性に報告。謝罪しました。
(男の声、詫び状の朗読)蛍光灯の熱等で斃死した個体が、上から落下して箱の中に混入した可能性が高いものと推察されます。深くお詫び申し上げます。
(女の声)問題の商品が製造された静岡県裾野市の工場。製造所には窓はなく、防虫カーテン等が設置されてるといいます。しかし一年前までこの工場で働いていた人は…
(自称元従業員の顔なし映像)(音声が悪くて聞き取れないが、『(電灯が)設置してあって(虫が)入ってきていた』とのテロップ。
(女の声)消費期限切れの牛乳、プリン、シュークリームそして虫の混入。次々と明らかになる工場での問題。しかし、不二家の問題は工場だけではなく、店舗にも及んでいました。関東地方にある不二家のフランチャイズ店。この店で9年間、アルバイトとして働いていた元販売員の女性Aさんが、ある事実を告白してくれました。
(自称元アルバイトの顔なし映像)私の中でそういった罪悪感が9年間ずうっと眠っていましたので、その、工場だけではなくて、店舗でもそういったことが行われていたってことを知っていただきたかったんですね。あの、私ももうずっと自分の中でも、あの犯罪じゃないですけれども、そうゆう気持ちがあったので。
(女の声)廃棄処分の商品を再利用。
(自称元アルバイト)あの、シュークリームって1個が120円ぐらいだったと思うんですね(と、このへんから茨城弁風のイントネーションが強く出る)。で、そこのオーナーさん自らが袋から、その消費期限切れになったシュークリームを取り出して、上と下にわけて2つに分けるんです。で、底の部分になんてゆうの、生クリームをあのー、詰め込むような形にするんですね。で、蓋をしまして苺をポンとのせて、120円くらいで売ってた消費期限切れてるシュークリームを、180円ぐらいにして販売してしまうんですね。
(朝ズバインタビュアー)売行きはよかったんですか?
(自称元アルバイト)あ、すぐに売れました。はい。
(女の声)つまり、元販売員が見たのは、消費期限が切れた120円のシュークリームを上下に切り分け、生クリームと苺をのせることで、その店オリジナル商品として再生。180円で販売していたということなのです。しかもオーナーである店長自ら。
(朝ズバインタビュアー)罪悪感とかはなかった?
(自称元アルバイト)ありました。はい。最初は凄くハラハラしていたんですけれども、だんだんその罪悪感って不思議と薄れていってしまうんですね。
(朝ズバインタビュアー)初めて売られた時って、店長さんの様子は?
(自称元アルバイト)あの、全然、あの、悪びれた様子もないですし、あの、いつもと全然様子が変わらないんですね。
(女の声)更に、ケーキの売行きが落ち、在庫が多くなると言う夏場には、カビの生えたケーキも再利用。
(自称元アルバイト)スポンジの上に果物がのっていて、
その上にちょっとゼリーっぽく、あの、かかっているものがあるんですが、それ凄く黴びやすいケーキなんですね。朝行くとケーキが入ってるガラスのところ開けまして、あの、カビチェックが始まるんですね。ケーキにカビが生えているかどうか、で、カビが生えていた場合にはそのカビを取り除いて、そこの上に果物をのせてみたりとか、ボロ隠しをしてまた販売してますね。
(女の声)つまり、元販売員によると、カビが生えた部分を取り除き、へこんだ部分に果物をチョコレートなどを置くことで、消費期限を過ぎても販売していたという。更にこのことは、店に出入りしていた不二家の社員も知っていた筈だといいます。
(朝ズバインタビュアー)社員の方も知ってた?
(自称元アルバイト)はい、知ってました。女性の方なんですが、常時昼間ちょっといましたので。
(朝ズバインタビュアー)注意とか普通・・・
(自称元アルバイト)(遮って)いえ、何にもないですね。はい。
(女の声)この元販売員は勤務して半年が過ぎた頃、消費期限切れ商品を販売することに罪の意識もあり、アルバイトをやめたといいます。
不二家元販売員の証言はまだありました。この女性は15年前…
8:16〜
テロップ『15年前不二家フランチャイズ店(中部地方)でアルバイトしていたBさん』
(女の声)中部地方にある不二家のフランチャイズ店でアルバイトをしていた元販売員Bさん。訴える証言とは。消費期限を消していた。
(自称15年前の元アルバイト)消費期限が表示されている数字とかがありますよね。それを、消費期限が切れたものを、ま、あの、除光液なんかで消して、またショーケースに並べて販売してました。
(女の声)シュークリームやスコッチケーキに印字された消費期限。女性は上司からの指示で、除光液等を使って消していたというのです。
(自称元15年前のバイト)これ売るんですかってゆうふうに聞いたんですけども、はい。したら、まあ、わかるでしょ、みたいな感じで。アルバイトとはいえ、そのー、凄く罪の意識は今でもあります、はい。
(女の声)この作業は営業中にも当たり前のように行われていましたが、客は気づかず、苦情はなかったといいます。こんにちの不二家の不祥事のニュースを見て、疑問を持ったという女性は当時の上司に電話を入れました。
(自称元バイト)(音声が悪く聞き取れないが、挨拶のようだ)
(元上司という設定の電話の声)はいはい、あのー(聞き取れず)、元気というか、いろいろありましたもんでね。
(自称元バイト)期限が切れてる商品をですね、消費期日が書かれてる部分、除光液なんかで、消して販売しとったってゆうの(音声が悪くて聞き取れず)。
(元上司)(音声が悪くて聞き取れないが)画面には「あー昔ね」の文字。
(女の声)消費期限を消して販売していたことを認めましたが、この指示が不二家本社からだったからを聞くと、
(自称元バイト)店長さんの独自でぇ、独自の判断でされてたのかぁ、
(元上司)(音声が悪くて聞き取れないが)画面には「そうだったと思う」の文字。
(自称元バイト)本部からではなくってですね。
(元上司)(これも音声が悪くて聞き取れず)
(自称元バイト)覚えてらっしゃらない。
(女の声)不二家本社の指示ではなく、店の判断で行った。この証言を基にこの指示を行っていた上司を直撃しました。男性は現在フランチャイズ店の店長になっていました。
(朝ズバインタビュアー)当時消費期限を消す指示をしていたりだとか、消しているのを容認していたということですか?
(元上司の顔なし映像)その可能性はあります。
(朝ズバインタビュアー)ってゆうことは、具体的にゆうと誰の指示だったってゆうことですか?
(顔なし元上司)だから、私でないかな(以後聞き取れず)。
(女の声)男性は今はしていないが、当時消費期限を消して販売していたことを認めました。不二家の信頼が揺らぐ行為は、工場での杜撰な管理だけではなく、店舗独自でも行われていたのです。
(みの)いやあ、もう、出てくる出てくる。どうしようもないです。現状ね、みなさん、これだけの工場があります。北から行きます、工場停止停止停止、停止停止、そして減産してるんですがまだ操業してる。ところが操業しているこの富士裾野工場で、ユスリカが製品に入ってんのが見つかった。製造工程が無理だったら、これ停止でしょ。ね、秦野減産。平塚減産。二つの工場だけが減産減産。しかしこうゆう体質がさっきのお店の人も言ってましたけども、不二家の本部から来てる女子の社員がそれをわかってても黙認して売らしちゃってる。こうゆう体質自体がもうどうしようもないじゃないですか。そして、わかりやすく(とフリップを掲げ)あ、もう売っちゃいけねえんだこれ、消費期限切れたから。シュークリーム。包丁で二つに切って、生クリームを盛りつけ、苺でデコレーションして、120円だったのを180円で売っちゃった。(別のフリップを掲げ)朝出勤したらまずケーキのカビのチェックをする。カビがちょっと生えてたら、そこをちょっと取り除いて、果物かチョコレートをのっけて隠して売っちゃう。どうしようもない。(また別のフリップを掲げ)消費期限が印字されている。除光液という…
(音声が切れてしまいテキスト化できず)






1月23日?
http://www.youtube.com/watch?v=jFTm6K9qu7Q
(桜井新社長)原点に立ち返って不二家の再生を目指して参りたいと思います。
(男の声)新たなトップが昨日誕生した。消費期限切れ原料の使用等、食の安全をめぐる不祥事で揺れる不二家は、昨日臨時の取締役会を開き、既に辞任の意向を示していた藤井林太郎社長に代わり、桜井康文取締役の社長就任を承認した。不二家の社長は1910年の創業以来、6代続けて藤井一族から排出してきたが、創業家以外からの社長就任は初めてのことだ。昨年11月、期限切れ原料使用の問題が社内で発覚。桜井新社長はその問題を隠蔽することを決めた会議のメンバーに入っていなかった。それが社長就任の決め手となったのだという。
(桜井新社長)悪い情報があがらない企業体質を、知らず知らずのうちに形成してきたことが、今回の件の最大の原因であったと受け止めております。
(男の声)また不二家は、企業再生のため「改革推進本部」と、弁護士等外部の有識者による改革委員会も設置。しかし、十分な原因究明もなされず問題解決にも至っていないなかでの社長交替。果たして、本当に信頼回復へと繋がるのだろうか。
(みの)色んな情報が錯綜して、ね、色んなことが少しづつ少しづつ明るみに出て来て、信じられないなってことが上積みにまた上積みに重なった時に、ねえ、こうゆう方が社長になったってゆうんですけども、何故新しい社長、この桜井さんが選ばれたか。昨年行われた、期限切れ原料の使用が報告された会議に、この人は出席しなかったらしいんです。その時のメンバーじゃないから、とりあえずやってくれよ。こうゆうことなんですね。大林さんね、何か理由もちょっとおかしいです。
(大林)そうですね、なんか逆の見方をするとそこまでの例えばエリートコースから外されてた人なのか、とか。
(みの)主要な会議に出なくてもいい。
(大林)いいやすい人なのかと思っちゃいますね。
(みの)しかもね、今回の人事を急いだ理由。いいですか皆さん。お菓子業界のかき入れシーズンのためじゃないかといわれています。去年もそうなんです。生クリームだ、牛乳だ、賞味期限、消費期限が切れた。しかしクリスマス前にそうゆうことがわかっても、なんとかクリスマスを乗り越えちゃおう、今回も、2月14日のバレンタインデー。チョコレート。ね、何とか売らなきゃいけねえだろ。ひな祭りがある。不二家のお菓子。も一つあったんです。バレンタインデー、ひな祭り、2月の14日、3月の3日ときたらもう一つは何ですか皆さん。
(浅野w)ホワイトデー。
(みの)3月14日ホワイトデー。浅野さん凄いですねー。
(浅野)そのぐらいわかりますよ(怒)
(みの)いや、相当貰いなれてるというか。女子職員から(一同薄ら笑い)。これがなんかねえ、みえみえじゃねえかと。もう、ある幹部がね、う〜、工場はつかぐらいで立て直します。何故ですか。バレンタインデーに間に合わせるって。思わず口を滑らしちゃったって。やっぱこうゆうことがねえ、どうもねえ〜なんかねえ、目に見えるんですけど、浅野さん、これじゃまずいんじゃないですか。
(浅野)そうですね。まあまあこうゆうことはないだろうと僕は思ってたんですけども、穿った見方、でも穿った見方がされるってこと自体がね、今までの姿勢ってことからくるんで、そこは大賛成。がけっぷちですよこれ。最後。立ち直れるとしたらこの新社長の元、それからなんか再生委員会できましたよね。これでもう捨て身になってやると、いうことでないと、これ食品メーカーの、こうゆうような不祥事ですから、もうホントに致命的だってこと。で、やっぱりあの新社長ですからね、過去のもの今全部パっと曝け出すと。これからポツンポツンと出るってのが最悪ですね。
(柴田)逆に言うとそのしがらみのない人が社長になったのであれば、それを明らかにするということ。やりやすいのではないかという逆の面もありますけど。でも兎に角大変ですよね。社長になってから。
(大林)社長以外の幹部関連は変わってないんですか。
(みの)だから工場サイドとかもね、製造の現場とかどうゆうふうにね、本当に整理整頓できてるのかって心配でしょうがないですね。
(柴田)工場長以下どうするのかってこと。これも対策期待されてますよね。
(みの)ある意味では生鮮食品みたいなもんですからね。

2月13日
http://www.veoh.com/videos/v162135068WJxBeFt
(竹内アナ)不二家はフランチャイズ店のオーナーを集めて、補償等について初めて説明をしました。
(櫻井社長)お客様、それとFCのオーナー様、この辺への対応が物凄く遅れてしまっているということについては、心から、言い訳なしで謝罪致しました。
(男の声)期限切れ原料の使用が発覚してから1ケ月が過ぎ、不二家は昨日、関東地区等のフランチャイズ店のオーナーを集めて初めての会議を開き、その中で櫻井社長は、山崎製パンから支援を受ける経緯等について説明しました。出席したオーナーからは、休業中の補償は継続してほしい、販売を再開しても売り上げが減った場合補填してくれるのかといった質問が出ました。注目される販売再開の時期については、今月中にはメドをつけたいと述べるにとどまりました。フランチャイズ店の中には廃業や不二家との契約を解除する店舗も出始めていて、昨日の会議でも不安が治まったとはいえないようです。