クリエイターも意思表示しよう


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

どうしたら自分が嬉しいのかをユーザーに伝えよう!

クリエイターの側からも積極的に「感謝を伝えてくれるのならば、こうしてほしい」と意思表示するにはどうすればいいか

感謝を伝えたい側も、感謝を伝えられる側も戸惑っている


日本人は感情を表現するのが下手なのかもしれません。また、感謝の意思を直接的に表現されるのに慣れていない人が多いように思います。
そこで、感謝を伝える側がどうすればいいのかを考えるのと同様に、「感謝を伝えられる側」もどうすればいいのかを考えてみる必要があるのではないでしょうか。

直接的な感謝の受け入れ方法を公表する


一応、投げ銭的なサービスなどもありますし、はてななどのポイント送信、という手段もあります。
これらの受け入れ先を公表してしまう、というのは一つの手段です。

  • イーバンク「メルマネ」
  • Paypal
  • はてなポイント
  • Amazonギフト券
  • 銀行口座、郵便局口座などの公表

参考:
ろじっくぱらだいす Web投げ銭の投げ方
niftyの@payサービスが終了していますが、それ以外は参考になると思います。

アイディアがあったら自由に追加してください
名前:
コメント:

間接的な感謝の受け入れ方法を公表する


自分に金銭的利益があるかどうかに関わらず、自分がされると嬉しいと考える事を公表します。直接的な受け取りを躊躇する場合に有効です。

  • 自分が支持する団体への寄付・支援などを依頼する
    • Wikipediaへの寄付
    • FSF(フリーソフトウェア財団)への寄付

  • 自分がやってほしいと思う事を依頼する
    • 自分が好きな作品を読んでほしい(例:島本和彦作品を読め!俺はそれに影響を受けたんだ!)


アイディアがあったら自由に追加してください
名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。