※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

私の子供の頃にハレー彗星がやってきました

それは76年に一度地球に近づく彗星

私は小学生で丁度宇宙を理科で習って興味があった時期でした

もちろん親に天体望遠鏡を買って欲しいとたのみました

買ってくれるはずの望遠鏡は

私の悪戯を親に怒られ夢と消えました

もう何度頼んでも買ってもらえませんでした

それから二十数年たった今

私は望遠鏡を買い宇宙を見ています

月を見て感動した私は思いました

「これを子供の頃に見たかった」

宇宙を語るにはタイムスリップの話は欠かせません

宇宙を見て私は自分の少年時代に戻りました

二度と取り戻せない少年時代に

私が宇宙を見ていたらどうなっていたのだろう

青い地球をながめているのは私かもしれません

今はハレー彗星の忘れ物

オリオン座流星群を眺めて思いふけるだけです



私の星を見る場所快天山古墳