ダーウィン・クビアン

  • 愛称は進化論
  • 06年前半にジェフ・ウィリアムスの故障の穴を埋める活躍を見せる。
  • 交流戦で当時西武の松坂大輔にプロ入り初ホームランを打たれる。
  • ちなみにこの試合の前までの防御率は19試合で0.71という安定していた。
  • その後は好不調の波が激しく、先発、中継ぎといったりきたり
  • 最終的には防御率3.79とそこそこの数字を残し江草仁貴渡辺亮とともにJFKへと繋ぐ役割で登板する。
  • 07年もそれなりの活躍を見せるが、年齢に年俸や外国人枠の関係で同年解雇。