菊地敏幸


  • 関東担当のスカウト(正確な役職は東日本統括スカウト)。プロ経験なしにスカウトになった珍しい経歴の持ち主。
  • 1950年3月18日、神奈川県生まれ。法政二高、芝浦工大では外野手、捕手、一塁手。リッカー時代は強打の捕手として、都市対抗に4度(うち補強選手として3度)出場。
  • 引退後はリッカーのコーチになり、中西清起を指導したことも。
  • その後は会社員だったが、田丸仁の誘いで1988年から阪神スカウトに転身(以上、安倍昌彦著「スカウト」を参考にしました)。
  • 2014年に退団。吉野誠が後任の関東担当スカウトになった。
  • 藪恵市を引っ張ってきた人。その他山崎一玄弓長起浩川尻哲郎井川慶赤星憲広鳥谷敬上園啓史らを担当。