田淵幸一(たぶち こういち)


  • 1001の友人にして、阪神の元4番打者。二代目ミスタータイガース
  • 野球ヘルメットに耳当てが付いたのは、田淵が外木場義郎(元広島)から側頭部に死球を受けて耳から出血したことがきっかけである。
  • だがこの死球の後遺症の難聴は引退するまで田淵を苦しめることになる。
  • あまり野球に興味ない人でも「がんばれタブチくん」でお馴染み。
  • 法政大では当時の六大学記録の通算22本を打った。なお、更新したのは1997年に当時慶応の高橋由伸(現読売監督)、そしてその23号を打たれたのが安藤優也だったりする。
  • 実は入った頃(大体頭部死球の辺りまで)は痩せていた。その後ブクブク太った。
  • 1978年に4対2トレードでこの年クラウンライターから生まれ変わった西武に。なおこの時西武からやってきた一人が真弓明信
  • 1984年引退。その後暗黒真っ只中でダイエーの監督をした後、2002年に1001に連れられて阪神の打撃コーチをして、2003年の優勝に貢献。和田豊トーマス・オマリーと協力して打線を育成、濱中治関本賢太郎を育て上げた。