下柳 剛(しもやなぎ つよし)


     ., -‐''"´ ̄ ̄`"'' -、
    /           .`ヽ,
   /        .'、        '、
  ,'         ∧       .|
  |       ./i / ノ、 i、|ヽ i、 ノ
  . |     ./ ノノ_,,,,;;)ノ リ.,;,iノ.V
  i⌒ヽ  / ´=''"__   ./__"ツ
  |i /rl. |.   ィ・-.ァ ` 〈・-'〈
  .ヽ.)ノ| |      ´     '、´ i
  .(__ノ|__|.      ,ィ(´   ) |
   ヽ| 'ミシ、   /ミシ壬ミ任、/
    | '、シ、   ,ィミ<ィェェュヾ/  
    |.  \ミ 、ミシ ヽ_ノミ/
    |.   ヾッシミ  ,ィミ、シ'
   _ノ\ '、  ヾシミシミシミツ
 ''"´ |  ヽ、     ̄ ̄ノ`"''ァ-
    '、    ̄ ̄ ̄ ̄   ノ
  • 愛称はシモさん。かつての阪神おっさんトリオ(残りの二人は金本知憲矢野耀大)の一角。
  • 90年ダイエードラフト4位。阪神では湯舟敏郎田村勤がドラフト同期に当たる。
  • 晩年の姿からは信じられないファンもいるだろうが若い時はノーコン快速左腕の典型だった。ノーコン病克服のために当時のダイエー首脳陣だった根本陸夫や権藤博が下柳に「毎日打撃投手、毎日中継ぎ登板」を課した。
    • 普通はそんなことすれば故障は免れないが 「あいつだけはいくら投げさせても壊れん」 と言われてやらされた。それで壊れないのだからとんでもない鉄人である。
  • ダイエー・日ハム時代は50試合以上登板を5回(そのうち4回は60試合以上)を記録するなど、近年の久保田智之ばりに毎日投げた投手であり、「アイアン・ホーク」と呼ばれていた。
  • 97年は1試合に先発した以外は全て中継ぎでの登板だったのにも拘らず、規定投球回に達してしまった。
  • 日ハム時代にはそれまで連続無三振記録を続けていたイチローから216打席ぶりの三振を記録、イチローキラーとして名を馳せた。
  • しかし、日ハム時代の後半は勤続疲労の影響により故障がちとなる。
  • 03年、伊達昌司山田勝彦中村豊・下柳というトレードで阪神に入団。
  • 阪神入団後は直球主体のスタイルから内野ゴロ・フライを打たせるのらりくらりとした投法にモデルチェンジ。
  • 藤川球児からは社長と呼ばれていた。理由はよく仕事(登板機会)をくれるから。
  • 愛犬の名前はラガー。
  • 非常にシャイな性格で、お立ち台にも滅多に上がらない。
  • しかしながらマウンド上では味方のエラーに怒り爆発しグラブを投げつけるようなこともある。
  • 降板後もベンチで率先して声出しをする。
    • 降板→一息つく→手・顔を洗う→口をゆすぐ→水を飲む→ベンチの前に座る→声出し のパターン
  • オフィシャルサイトでは可愛い顔文字を駆使。
  • テーマ曲はスターダストレビューのRunningだが、本当は同バンドの木蘭の涙にしたかったらしい。しかし、亡くした恋人を想う悲しい曲なのでヴォーカルの根本要に止められ現在の曲になったらしい。
  • JFKシステムの恩恵をもっとも受けている投手であり、7回には中継ぎ達にバトンタッチしていることが多かった。しかし08年以降は完投も増えていた。
  • 09年5月4日、対巨人戦において6回を6安打無失点に抑え勝利投手となる。
    これにより昨年8月から続いていた対巨人戦の連敗が11で止まる。
    試合後は一人でお立ち台に上がり「狩野君のリードを信じて投げました。」とポツリ
    素っ気無い顔をしながらも、とても熱く、思いやりのある男である。
    • そして阪神移籍後はその投法で大活躍しているのは皆さんご存知の通り。ちなみに阪神に入団した03年から08年までの6年間にに65勝を記録している。
  • 05年には規定投球回には到達しなかったが、15勝をマークして最多勝のタイトルを獲得。ちなみに15勝目を飾った試合は延長10回まで投げ抜いた。6~7回で降板することの多いシモにとっては珍しい。
    • そのウラに鳥谷敬のサヨナラホームランで勝ち越し。鳥谷に一礼した。
  • 10年6月4日に17歳年下の女性と入籍の新婚さん、おめでとうございます!
    • 何気にジューンブライド
  • 11年シーズンは1勝もできず、シーズンオフに戦力外通告
  • 12年かつての上司である星野仙一率いる楽天に入団して再起を期したが、10月に戦力外通告を受ける。
  • その後、メジャーリーグ・ドジャースの入団テストを受けるも不合格。その後も現役続行を模索したが、左肩の強い張りが襲い、3月19日に現役引退を表明した。
    • これで、アラフォーカルテットは桧山進次郎を除く全員が引退することになった。
  • その後野球解説者になる。人前でしゃべるのは苦手と語ったり、秀太事件のように短気な性格と思われているので、当初は解説など出来るのか、ヤニキが介護解説するんだろみたいに思われていた。
    だが蓋を開けてみれば多少聞きづらいものの、あくまで中立の立場でその理論整然とした解説には、虎ファンどころか野球関係者からも好評を得る。
    • 実は喋り好きらしい。ただ大勢の前で喋るのが苦手なだけだったとか。
    • 阪神おっさんトリオの中では一番解説できないだろという先入観を持たれていたが、まさかヤニキ矢野耀大の解説がクソすぎて下柳がこんなに解説が上手いなんて誰が想像したであろうか。


語録

  • はずかしー(>_<)。
  • 5回途中ノックアウト…゛(`ヘ´#)
  • ほっとしました。よかった(^-^)。
  • 持つべきものは頼りがいのある同級生です。(*^_^*)v
  • 後半戦もがんばります。o(^д^)=○
  • 年に1回ですからこれで打ち止めです。(o^_^o)
  • ちょっとだけ休むけどね m(_ _;m)。
  • これからもっと勝っていきますo(^-^)o!!
  • ( ^∇^)/ 名球会入りおめでとう!
  • (≧д≦)ノ 「ごめんね、矢野ちゃん」。
  • ヒットは、打てて本当に喜んでます!(*^ω^*)ノ
  • ありがたいです(^人^)。
  • 荒木に捕られた…o(*≧□≦)o"
  • (v^-^v) おじさんげんき!!
  • くまは冬眠します(´・(ェ)・`)
  • もうそろそろ起きようかなあ(≧(ェ)≦)ヾ。


なあ、シモよ。今日はありがとうな、こんな展開にしてくれて。嫌味やなく。リリーフを休ますことができるわ。これでええんやで