阪神鳴尾浜球場

阪神2軍の本拠地。
以前まで周辺施設含め、タイガーデンとしていたが、タイガー魔法瓶が同一名称で商標登録をしていたことが判明し、タイガースデンと改めた。
球場の大きさは甲子園とほぼ同じで、内野に使用している土も同じ物を使用している。
また甲子園にも非常に近く、何なら自転車でも行けてしまうほどの距離にある。


球場付近には虎風荘もあるが、入り口には警備員が常におり中に入る事はできない。
この虎風荘は3塁側にある。従って阪神ベンチも3塁側となる。
席は内野のみで入場料は無料。休日ともなると多数の阪神ファンが詰め掛ける。
満員になると入場を制限されるので、早めに行って並んだ方が良い。
周辺住人の迷惑となるので、鳴り物応援は禁止。

近くにコンビニは無く、自販機も入り口付近にあるだけで、夏場はよく売り切れる。
買出しなどは予め行ったほうが良い。
夏ともなると、日差しがきつくなるので熱中症には注意が必要。


アクセス

阪神線の武庫川団地前から徒歩も可能で、最も安上がりだが、結構な土地勘が必要。遠い上に迷子になっちゃ話にもならんので方向感覚に自信のない人はやめておいた方が良い。
おすすめは 甲子園駅 から阪神電鉄バス鳴尾浜線に乗車し、 県立総合体育館前 で下車し徒歩。
この区間は一方通行になっていて、行きに降りるバス停と帰りに乗るバス停が違う。
帰りは球場のすぐ手前の阪神鳴尾浜球場前から乗車する。