「04 二番目物「祟神」」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

04 二番目物「祟神」」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 #right(){【登録タグ:&tags()】}
 
 #inc(Script/track)
 #divid(track_args){
 |album=[[伝]]
 |circle=[[凋叶棕]]
 |vocal=めらみぽっぷ
 |lyric=RD-Sounds
 |arrange=RD-Sounds
 |original=明日ハレの日、ケの昨日
 }
 #divid(lyrics){
 そら&Ruby(そら){乾}のどこまでも
-&Ruby(もみがら){紅柄}色の雨が降る
+&Ruby(べにがら){紅柄}色の雨が降る
 
 ちも&Ruby(ち){坤}もどこまでも
 鉄錆びた色の土を踏む
 
 勝った負けたは世の倣いならば
 従う他に&Ruby(みち){路}もなく
 
 しかしその数多のうらましきごと
 このままで済まされようか?
 
 
 茜さす空の色は高く
 稲穂は重く頭垂れ
 しかるに敬うもののかげなく
 主なき大地の果てに
 
 負け路を歩くよ
 
 
 屍の山を歩くものには
 一踏み二踏みなお足りぬ
 行く道来た道辿らせはせぬ
 けして戻れぬ修羅の道
 
 覇ち道を歩けよ
 ……果てどなく。どこまで?
 
 
 われが束ねた無上の大地 そのまま全部持っていけ
 
 
 世はかくも うつろい
 捨つる神あり拾う神あり
 
 外様のものの手で命あらんことを
 
 
 されど これは
 誰に働く狼藉なるか
 
 そを忘れることけして許しなどせぬ
 
 その&Ruby(かみ){簒奪者}の名
 永代永代永代恨んでやろう
 
 
 同じ口にて異なる名を呼ぶ
 寿ぐ絆も虚しく
 昨日が如何にハレていようとも
 明日の行方はつゆ知らず
 
 負け犬の末路よ
 
 
 護られるものの弱さ故に
 常に寄らば大樹の陰
 その祈りは誰が為のものか
 倒々誰も知らぬまま
 
 勝利者に届くか
 ……そのものも いつまで?
 
 
 われが束ねた数多の信仰 そのまま全部投げ遣って
 
 
 世はかくも うつろう
 捨つる民あり拾う民あり
 
 外様の者の手に命あらんことを
 
 されど それは
 誰に働く亡恩なるか
 
 そを忘れることけして許しなどせぬ
 
 その&Ruby(うらぎり){背信}者の名
 永代永代永代呪ってやろう
 
 
 病ませ 流行らせ 凶事の限り
 草の根一つ生やさずなって
 われが束ねた穢れを満たす
 覚悟はいかなるものか?
 
 
 世はかくも うつろい
 捨つる地もなし拾う天もなし
 
 外様のモノの身に命あらんことを
 
 生きて &Ruby(あがな){贖}え
 けして滅びること叶わぬよう
 
 この名と供にして忘れられぬよう
 
 この天地の全て
 永代永代永代永代永代永代永代永代永代祟ってやろう
 }
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。