09 その魂、雪華の如く



【注意】
現在、このページはJavaScriptの利用が一時制限されています。この表示状態ではトラック情報が正しく表示されません。
この問題は、以下のいずれかが原因となっています。
  • ページがAMP表示となっている
  • ウィキ内検索からページを表示している
これを解決するには、こちらクリックし、ページを通常表示にしてください。

|album=妖 -AYAKASHI-
|circle=SOUND HOLIC
|vocal=A~YA
|lyric=GUCCI
|arrange=panoman
|original=広有射怪鳥事 ~ Till When?
白い雪の花びら はらはら 舞い落ちて
凍てつく雲間に 狂おしいメロディ

深い闇に蛍火 ゆらゆら 揺らめいて
果てなき宿命に 砕けゆく幻実

永久に醒めぬ 夢妖かし
その身体に巣食う闇
断ち切ってあげる

いつまでも いつまでも
護りたくて 貴女だけを
刃金のように

どこまでも どこまでも
終わりの無い 螺旋の渦
幻想の花の下で


蒼い月の燈火 漸う 煌めいて
蠢く鼓動に 錆び付いたメモリー

人世一夜 夢惑わし
その瞳に映る影 斬り裂いてみせる

いつまでも いつまでも
見つめていて 私だけを
鏡のように

どこまでも どこまでも
廻り廻る 無限の迷
春の夢のように


いつまでも いつまでも
護りたくて 貴女だけを
刃金のように

どこまでも どこまでも
終わりの無い 螺旋の渦
幻想の花の下で

いつまでも いつまでも
見つめていて 私だけを
鏡のように

どこまでも どこまでも
廻り廻る 無限の迷
春の夢のように
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。