05 天狗の落とし文 feat.ytr


天狗の落とし文 feat. ytr


アルバム:Sky is the Limit
サークル:魂音泉
編曲:Coro
作詞:ytr
Vocal:たま、ytr
原曲:風神少女

風神少女 颯爽と滑空 韋駄天の如し 翔ける天空
禁断症状誘う 兎角唸らす 夜毎仕掛ける旋風
世迷い言届かなくて 言葉数減らす中木の葉隠れ
牙に鳥と書く 下駄打ち鳴らす鴉天狗

未踏峰 踏み外した獣道 夕暮れに浮かぶ葉団扇の紅葉
揺らす梵天袈裟 飛んでいく景観 計算外の決定打
呼び醒ます日々 特種探すのみならず切り取る場面
書き足す文が花開く文花帖 幻想郷最速のブン屋

風雲急を告げる 縺れる線と成り
異変隣り合わせ 絡め取る言葉
この場木の葉舞う 調べ尽くす事柄
白黒の額縁 虱潰し綴る されど暴風雨
張り巡らせた情報網と出くわした衝動 慄く間も無く遠のく
何故か上の空のまま 荒れ狂った空の中
佇む路傍にて孤独にも成る程

吹き抜ける一陣の風誂え 誰が為に飛ぶ何処までも
僅かながら感じる風が起こす乱気流
山肌を滑り落ちる天狗風に乗り ひらり舞う落とし文

数多の風纏う風神

黒翼よりの鳴き声 過去への咆哮 東方見聞録
とくと見よ 明後日の方向 嘘も方便の表現力
読み手が鳥目 焚きつける書き手と現状の不一致
筆は弾幕よりも強し 幻想郷随一

生憎の鎌鼬 会いに行く この目焼付けた今血湧き肉躍れ
探索 研ぎ澄ました感覚 難なく天の八街に暗躍
妖怪の山 疾風怒濤 獅子奮闘 執筆する文豪
傍若無人 風神宜しくその風、凶暴につき

物言えば唇寒し秋の風 九天の滝に呼ばれる
天狗の一張羅 速度超過 山の勤労者による急転直下
猿田彦の先導 携える鴉の群れ 擬える迦楼羅天
羽ばたきは淀みなく 飛び立つ天狗の手の上で踊りな

風の噂 まず見聞きする 知識欲は無くならず裏をかく
必ず疑ってかかり 掴む手掛かり
憚り計り知れない事ばかり 未だ書き足りず
核心は無くもひた隠したがる者も多く
悠久の時 紐解き辿りせめぎ合う 神も煙に巻く
またも巡り逢う顛末は人知れず近く
齷齪と悪戦苦闘 清く正しい天狗も

吹き抜ける一陣の風誂え 誰が為に飛ぶ何処までも
僅かながら感じる風が起こす乱気流
山肌を滑り落ちる天狗風に乗り ひらり舞う落とし文

最速の天狗 再度飛翔していく 何処までも
空ける風穴 空に一閃 曲解 旋回する境界線
時に誰が為 よきにはからえ 天翔ける
風神の如く紡ぎだせば神風 風塵舞う旋風

山肌を滑り落ちる天狗風に乗り ひらり舞う落とし文
秋めく空と山の暮れに風神少女

東方見聞録 山風に乗る風神少女

東方風神録 閃光と現像 拾い集める記憶と記録
幻想郷 にじり寄るブン屋による飛び道具
光さえ遥か彼方置き去りに ひらり舞いて届くは文々。
天狗の落とし文
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。