09 Proof of River

 

水辺(みずべ)に浮(う)かぶ光(ひかり)を【眺(なが)めてた】
何(なに)かが変(か)わるのかと
ずっと思(おも)ってた

それは子供(こども)のままごと
ただ切(せつ)なく、でも、大事(だいじ)だったんだ

チクタク流(なが)れる時(とき)に
逆(さか)らうことなく流(なが)れて
落(お)ち葉(ば)は絡(から)み交(ま)ざって
水(みず)は静(しず)かに解(と)け合(あ)う

出会(であ)ったことは偶然(ぐうぜん)だけれども
とても願(ねが)っていたんだ
ぬくもり感(かん)じる手(て)に
「また会(あ)いたいよ」

いろんなことを、聞(き)きたいな
臆病(おくびょう)だから、言葉(ことば)にできない

石(いし)ころ投(な)げのように【一人(ひとり)遊戯(ゆうぎ)】
ずっと放(ほう)り続(つづ)ける日々(ひび)が、過(す)ぎ去(さ)って行(ゆ)き

其(そ)れが何(なん)になれかなど
わからず続(つづ)けて、救(すく)われたんだ

クルクル巡(めぐ)る流(なが)れに
翻弄(ほんろう)される石(いし)ころは

君(きみ)と繋(つな)がったことが
とてもとても嬉(うれ)しかった

季節(きせつ)はただ移(うつ)るけれど
ごめんね、ココで会(あ)えた
君(きみ)のコトがいつまでも残(のこ)ったままで

あの時(とき)をモノマネする
川(かわ)に映(うつ)る、自分(じぶん)見(み)て、泣(な)きたい

この記憶(きおく)と生(い)きる

今(いま)でも君(きみ)のことはずっと覚(おぼ)えているよ
あの時(とき)話(はな)した言葉(ことば)すべて忘(わす)れない

私(わたし)は此処(ここ)でしか生(い)きては、いけないから
また会(あ)うから、此処(こ)で独(ひと)りきり待(ま)ち続(つづ)けて

愛(あい)も優(ゆう)も人(びと)も妖(よう)も、この水面(みなも)には
鏡(かがみ)写(うつ)すように、光(ひか)って、詰(つ)まっているから

川(がわ)の水(みず)にとり、一羽(いちば)はばたいて往(ゆ)き
「さようなら」の言葉(コール)

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。