09 はるのおと ―同声合唱とピアノのための―

アルバム:
サークル:凋叶棕
原曲:天空の花の都
詩:RD-Sounds
歌:めらみぽっぷ


わたしが
つたえることばを おおくは
もっていないように

これらが
もたらすことばの おおくに
いみはないのです

ことばで
つたえるよりも より つよく
とどけたいときに

わたしが
できることのなかで わたしは
つたえるのです


あたりまえの ことを
ただ それが きたのだと
あなたにも きづいてほしい


はずむ こころ
あふれ めぶく
すべての いのちあるものの
だれもが まちわびた
きせつの おとずれを むかえるよう

つらく ながい
きせつの はてに みちる
よろこびの うたが
だれもが ききもらさぬ ように
たからかに ひびくように


ひびくは あざやかに
そうして あなたも
このおとに みみをそばだて
きづいてください

ひびくは はなやかに
そうして あなたも
このおとに みみをすませ
きいてください


そらのいろ
 そらのこえ

はるが きました と

つちのいろ
 つちのこえ

はるが きました と

みちる はるのおとを
いま あなたのもとへ とどけます




そうして
やくめ を おえた わたしは
そっと ねむりに つくのです
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。