12 一夜之夢

アルバム:
サークル:凋叶棕
原曲:古きユアンシェン
Lyric:RD-Sounds
Vocal:3L


そっと、手を差し交わし。
その身体を、寄せて。
吐息混じりの戯れ。
側、抱え、囁く。

「色に溺れていては、ならないのです」と。
言葉だけの、脆くも、
ささやかな膳立て。

さぁ、終わらぬ夜を。

―いずれ全て、貴方の物。
等と嘯けば、

もうこの掌の中。

幾千と云う臣下を持ち
幾万と云う名を従え

そんな権力を手にしながら
この肢体一つに溺れ逝く様よ。

「ああ、熱いのよ、熱いのよ」と。
叫んでみれば、
応ずるように、激しく勢い付く―。

宛ら、そう、赤子に似て。
一夜之夢、それは、熱病のように。


滴る、月の雫に。
その両手を、翳して。
どこまでも一緒に。
ただ、宵に融け逝く。

「今は私だけを見て。お願いだから」と。
目を潤ませて、見上げる。
此れだけで、意の儘に。

嗚呼、他愛のないものね。

―今宵もまた、積み重なる。
口先ばかりの、

憐れな為政者。

幾千と云う地を束ねて
幾万と云う天を望み

そんな大志を抱きながら
この肢体一つに崩れ堕ちる様よ。

「ああ、怖いのよ、怖いのよ」と。
そうして、
解けぬ糸を絡めて、手繰り寄せるように―。

宛ら、そう、手駒に似て。
一夜之夢、それは、疫病のように。


如何なる強者でさえ
虜となれば、皆同じ。
この身に囚われ逝く。
それが、私には、堪らない。

幾千という人を降し
幾万という人を危め

其れでも猶、厭くることなく。
吾不足止、未不知足也。


「さぁ、最後には、もっともっと…」
そうして、
全てを私に預けさせるように―。

宛ら、そう、下僕に似て。
一夜之夢、それは、熱病のように。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。