07 マッドパーティー ~A Magusnificent Plan

アルバム:
サークル:凋叶棕
原曲:魔女達の舞踏会 ~ Magus
Lyric:RD-Sounds
Vocal:めらみぽっぷ


「深い森の何処かに 恐ろしい魔女がいる?!
そのおぞましき住処には 近付いてはいけない」

そんな噂を気にもせずに、やって来る様な者が
本当に現れたとしたら、どう出迎えてやろうか?


 ―そうして思い描くのは…


 “いたいけで、優しげで…”そんな『少女』を装って
 道を示す振りをしながら、まずは誘き入れようか?

 そうして家に入れてしまえば
 あとは全てこちらの為すが侭に
 どうやって脅してやってもいいのさ!

 さて、何を見せてやろうか…?


 「深い森の何処かで 道に迷ったならば
 傍の少女に声をかけ、道を尋ねてみれば」

 …そここそが「魔女の館」だと知らずにな!!

 ・・・・・
 ・・・・
 ・・・
 ・・
 ・

 『気づくのが遅かったな?
  お前は踏み込んだのだ。邪悪な魔女の住処へと、
  愚かにものこのこと』

 告げるのさ冷酷に、有らん限り恐ろしげに。
 引き攣らせたその表情、さぞかし見物だろう。

 そうして、手玉に取るかのように。
 芯まで凍るほど怯えさせては。
 ここに来たことを死ぬほど後悔させてやるのさ!


 『あー?足掻くだけ無駄だぞ。
  森に足を踏み入れる者の末路など、
  最初から決まりきっているのだから。』

 決め台詞は、“野晒し髑髏”?、或いは、“骨すら残されず”?
 …何れにせよ、そいつはもはや、逃げられはしないのさ!


 そうして“晩餐”が開かれる…


 いざ踊れ
 踊り狂え
 そうして野蛮に嗤い猛る

 いざ歌え
 歌い狂え
 そうして邪悪に嗤い猛る

 木魂する
 恐怖の声
 叫んでも誰にも聞こえない!

 木魂する
 絶望の声
 喚いても誰にも聞こえない!


 晩餐はそして、頂点へと。
 “食材”はただ泣き叫ぶのみ。

 そして止めに、持ち出すのは
 最期を飾る「マスタースパーク(空撃ち)」

 晩餐はそして、終焉へと。
 “食材”はもはや気を失って。

 そして最期に、ひとしきり、
 私が笑い終えたのならば。

 ああ、そこには、もう、何の音も、聞こえない…
















―ということが、あるいはいつか。起こるかもしれないから。

深い森の何処かで、今日も私は暮らすのさ!
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。