08 そしていつかまた出逢って ~Eternal Flower



【注意】
現在、このページはJavaScriptの利用が一時制限されています。この表示状態ではトラック情報が正しく表示されません。
この問題は、以下のいずれかが原因となっています。
  • ページがAMP表示となっている
  • ウィキ内検索からページを表示している
これを解決するには、こちらクリックし、ページを通常表示にしてください。

|album=
|circle=凋叶棕
|vocal=めらみぽっぷ
|lyric=RD-Sounds
|arrange=RD-Sounds
|original=桜花之恋塚 ~ Flower of Japan
おぼつかぬ足取り
見るだに頼り無く

その目に見て取るは
ただただ日の浅さ


―いつか
何処かで生まれ 何処かへ消える
夢幻のように

何処かで生きて 何処かへ逝くは
泡沫(うたかた)のように


揺れる花
ひとつ大きく咲いた花でさえも
いつかその身散らすのは

振れる花
烈しく生きたその(いろ)が褪せるも
それは定めと想うのみ


そうして、遙かな時の流れを思うとき。
現は、夢の如く。

花は幻想のまま、在るが故に。
全てはありのままに。


―そして
いつか出逢って いつか別離(わか)れて
全ては廻る

萌える花
受け継いだその(いろ)を抱えながら
貴女らしく咲かせよと

震う花
まだ何も知らぬと言うに等しくば
その(いろ)若くいとおしく

そうして、あまねく花と同じく育つなら。
現は、夢の如く。

いつしかその(いろ)、空に還すまで
願うはたった一つ


 咲き誇れ、大輪の花。ただ強く、凛と。


遙かな時の流れを思うとき。
現は、夢の如く。

花は幻想のまま、在るが故に。
全てはありのままに。



―そしていつか出逢って いつか別離(わか)れて 全てまた廻る
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。