06 巡る業


巡る業

アルバム:少女煉獄
サークル:豚乙女
編曲:コンプ
作詞:ランコ
Vocal:ランコ
原曲:阿礼の子供

滅びのうた詠う
少女は立ちすくむ

喜びも悲しみも怒りも
すべてが無に帰す
終わりとは 始まりだ
携えた覚悟を心に

覚えている 記憶の向こう側も
忘れられぬ これから生きることも
暖かさは 幻

記憶の奴隷だと
言われて笑ってた
「御阿礼の子供は必要悪」
神様 何故なの?

始まって 終わっても
断罪は成されず果たせず

呪い飽きた宿命を噛み砕いて
向こう側の笑顔を思い出せど
手を伸ばせば 消えてく

望んでいた平穏崩れ去って
私はまた一人で業を巡る
捨て去れない想いを胸に抱いて
涙一つ落として振り返らず
繋いでいく 命を
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。