08 誤魔化し



【注意】
現在、このページはJavaScriptの利用が一時制限されています。この表示状態ではトラック情報が正しく表示されません。
この問題は、以下のいずれかが原因となっています。
  • ページがAMP表示となっている
  • ウィキ内検索からページを表示している
これを解決するには、こちらクリックし、ページを通常表示にしてください。

|album=異端審問
|circle=豚乙女
|vocal=ランコ
|lyric=ランコ
|arrange=パプリカ
|original=人形裁判 ~ 人の形弄びし少女
神様はいつも意地悪だなんて
どうしようもないことでいじけてた
自分で選んだ孤独な道が
いやになるくらい寂しくて泣いた

久々に会ったあなたはまるで
違う人みたいに成長した
けれどそのはにかんだ笑顔だけ
あの時と変わらず嬉しくなった

また会えて良かったって思ってたら
「また会えて良かったな」あなたが言った

ずっと独りだった心にそよ風が吹いた
あなたのこと思うと笑顔になれる

神様ごめんね八つ当たりして
悪いのは自分の卑屈な心
分かってるけれどあなたが来ないと
不安でため息ついてばっかり

うちからもなにかしら盗んでっても
別にいいよ怒るけど早く来てよ

少し行き過ぎた気持ち気付かないで欲しい
奥の奥にしまいこんで見えないよに

夢じゃない何かなんて知りたくなかったの
こんな想いするくらいなら独りでいい
そんな嘘ついて心誤魔化そうとしても
あなたのこと考えると幸せなの
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。