04 捧げられたイメェジ

アルバム:
サークル:凋叶棕
原曲:サーカスレヴァリエ
Lyric:RD-Sounds
Vocal:めらみぽっぷ
原著:ゐた・せくすありす 「ジムノペディが終わらない」



【ゆっくりと苦しみをもって、若しくは重みを受けて軋む紐】

空を見上げれば。そこには。
澱んだ空に、星が広がる。
ああ、私が嗤っている。
私が私を嗤っている。
捻れ曲がった私が。


嗜む酩酊のはずが、
いつしか“それ”なしでは。息さえ、
出来なくなってしまう。

打ち棄てる、思考を。

蔓延る全ての憂鬱を、
くはりと、吐き出すようにして、
辛うじて生きている。

気だるさに、溶けゆく。


ねえ、貴女。
思うに、この現実は。
脆く果敢ないものなのかしらね?

虫のように、操られ、交わる。
無自覚な本能のまま、行われて、広がる。

腐っていく。
心の隙間を、埋めようと。
ただ、ただ、繰り返す。

――けれども何も埋まらずに。


私は。

何を。

誰と。

何を。


誰もが欺瞞を塗り固め。
顔という、顔中に貼り付け。
自分を、欺きながら。

歩み寄る、密かに。
【ゆっくりと悲しげに、或いは、曖昧な表情の少女】
或いはその感情さえ、
ひと時の、悪戯の為せる、
逃避の生んだ幻。

現実を歪めて。


ねえ、私。
思うに、この関係こそ。
酷く汚いものなのかしらね?

虫のように、寄生され、諍う。
夜色の笑みをした何かが、私を、見つめる。

穢れていく。
愉悦を湛える、その眼は。
ただ、ただ、雄弁に。

――未だ未だ終わらせはしない。


貴女は。

何を。

誰と。

何を。

【ゆっくりと荘厳に、そして、捧げられたイメェジ】


欠けていく。奪われた椅子の数一つ。

私には、取り戻す術が見つからない。


故に。


欠けていく。壊すべき椅子の数一つ。

私には、それ以外の術が見つからない。



虫のように、
支配され、
朽ち逝く。
病の果ての夜の黒を、
その内に、孕んで。

消えていく。
全てが捻れて、壊れる。
ただ、ただ、容赦なく。

――幻想が、牙を剥く。


私は。

何を。

誰と。

何を。


其処には。

もはや。

誰も。

何も。


 
 
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。