04 焦雷恋慕

焦雷恋慕

アルバム:少女煉獄 第二巻
サークル:豚乙女
編曲:コンプ
作詞:ランコ
Vocal:ランコ
原曲:夢殿大祀廟

明るすぎる夜の終わりが見当たらぬ
始まりの言葉は堰を切って落ちた

跳ねて歌った少女はいつも泣いてばかりいるから
雲をどかして共に参ろう閃光のその先へ

【◆】
まわるまわるくるくる 上も下もなくなる
すべては夢の中で 溶けていく
振り出しに戻る

助けを求めても誰にも聞こえない
心の声だけは貴方に届かない

踊り狂った少女は進む千鳥足でふらふら
落とす雷焦げ付いた恋笑わないでもう厭

燃える燃える想いに 嘘も闇も消え去る
悪夢が嵩を増して 呑まれてく
閉ざされた扉

【◆】
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。