Ⅱ. 幽明境を分かつこと



【注意】
現在、このページはJavaScriptの利用が一時制限されています。この表示状態ではトラック情報が正しく表示されません。
この問題は、以下のいずれかが原因となっています。
  • ページがAMP表示となっている
  • ウィキ内検索からページを表示している
これを解決するには、こちらクリックし、ページを通常表示にしてください。

|album=
|circle=凋叶棕
|vocal=Φ串Φ
|lyric=RD-Sounds
|arrange=RD-Sounds
|original=幽雅に咲かせ、墨染の桜 ~ Border of Life;さくらさくら ~ Japanize Dream...
ほとけには
 さくらのはなを
  たてまつれ

わがのちのよを
 ひととぶらはば

さもあれば
 をしからざりし
  いのちさえ

はなのいろにも
 うつくしければ


かつて 一人
その想い 叶うなら

いつか (ぎん)じた
(ことば)を 胸に抱いて

望み それは 願い
(はな)の下で 死ねること

その死顔(かお) ただうつくしく


そして 一人
また一人 止め処無く

いつか 愛した
(ことば)を 胸に抱いて

祈り それは 縋り
(はな)の下で 死ねること

その死顔(かお)も ただうつくしく


ほとけには さくらのはなを たてまつれ
死なば諸共 みなうつくしく

さもあれば をしからざりし いのちさえ
そのはかなさのみ 残しては


この身の 憂さを思えば
生きるのは あやなしとのみ

その(さくら)の うつくしければ
恐れは無く ただ身を捧ぐ


ほとけには さくらのはなを たてまつれ
死しても叶う 望みのあれば

さもあれば をしからざりし いのちさえ
この身も永久(とわ)に うつくしく


ほとけには さくらのはなを たてまつれ
わがのちのよを ひととぶらはば

さもあれば をしからざりし このいのちさえ
せめて最期は (はな)の下
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。