Red Moonlight Septet

Red Moonlight Septet

アルバム:
サークル:
Vocal:藤宮ゆき
原曲:亡き王女の為のセプテット

深い霧の中 浮かぶ月の紅
歪まずに 揺られずに
ずっと 水面に映える

I won't be long...
硝子を 通過(とお)らない声よ
触れる度 崩れ行き 破片で思い描く

この幼きプライドに埋もれないように
守りたいに
手を繋いで 共に進むはずだったのに
足跡残す

紅く染まった私の形
歪ませずに 夢を見せて
時計の針が留める その姿
時間を止めて あの月明かり

射し込む窓から 赤い月の性
映る格子 影伸ばし
十字に思い裂いて

ずっと遠い日々 笑いあった血に
あのメロディー 口ずさみ
幾度も思い馳せる

熱く沸き上がり 誘うフレーバーに
揺り起こされた
この運命のいたずら 紅い花咲く夜
愛しさ染めて

走り出すのは 夢 霧の中
無邪気 切なく 溢れ出して
思いの葉から 溶け出す紅は
濁らせないで あの月明かり

幼き仕草に 永遠のときに
戻りたいのに
寂しさと激しさに似た 愛おしさに
飛び込んで行く

紅く染まった 私の形
歪ませずに 夢を見せて
語れずにいた 最期の言葉
もっと照らして あの月明かり
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。