天の邪鬼

天の邪鬼


サークル:森羅万象
Vocal:めらみぽっぷ
原曲:砕月 / 旧地獄街道を行く / 華のさかづき大江山



遠い遠い国の 語り草
息吹く山に 唯 生まれ落つ
鬼と呼ばれ 鬼と言われた
隠れ忍ぶ者ら


幽かゆらりふらり
彩りを飾る沈丁花
古今無双 五月雨に
誰しもが歌う 童歌
手の鳴る方 お出で


誰も彼も言葉忘れ
何もかもが命知らず
百鬼羅刹 霞を食み
もう東西南北 塵芥


(全に交わり)
揺蕩えば
(疎を解き放つ)
命知る
逆月に朱い華
光るは破軍
(山並に 人並み塗れ)


代わる代わる道理 禅問答
この身一つ 故 修羅の道
鬼と呼ばれ 鬼の謂れ
砕月 金剛 百鬼夜行
この命は(この杯は)
何が為に(汝の為に)
この身に刻む言葉 誰よりも空が知る


涙すら枯れ枯れで
通り雨ですら通せん坊
安寧秩序の中で 誰しもが値踏む
花一匁さ
あの子が欲しい あの子が


人か鬼か疑心の傀
人の為と何時笑う
森羅万象 漫ろに散り
もう六根清浄 夢枕


(千を怖れず)
虚ろえば
(一を怖れよ)
命散る
逆月に宵の華
散らすは雨水
(この拳 二の打ち要らず)


返す返す言葉 向こう淵
この身一つ 故 不如帰(ほととぎす)
鬼と呼ばれ 鬼の謂れ
泰山 乱神 鬼ヶ島
この息吹は(この杯は)
誰が為に(縁の元に)
この身に芽吹く命 誰よりも空が知る

月夜 人知れず
一人酒 一滴
ここらで一芝居 やれ
(酸いも甘いも)


今宵は十把を人絡げ
その身一つ 嗚呼 有象無象
鬼と呼ばれ 鬼の謂れ
砕月 金剛 百鬼夜行
鬼と成りて(この杯は)
人へ堕ちる(謂れを孕む)
その身を襲う命 誰よりも空が知る 鬼が知る
涙 何と知らず 隠れ集い
誰と知らず 消える
.
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。