月見桜

月見桜

 

幾千の夜 幾万の星

泣いて流れ抱きしめて

愛しい君を 切に思う

涙枯らせるほどに


 

ゆりかごのように揺れる

時代は儚さの小舟

紡ぎ合える指先さえも

風の悪戯に解けてく


 

虚ろな心一つ

天の川を旅しながら

いつかたどりつけると信じ

願う切なさの道しるべ


 

遥かな記憶の果て この灯火

約束の月見桜 感じて


 

幾千の恋 幾万の傷

強く深く限りなく

描く未来 永久人

現在を忘れるほどに



 

幾千の夜 幾万の星

泣いて流れ抱きしめて

愛しい君を 切に思う

涙枯らせるほどに



 

ゆりかごはまだ揺れる

時代は争いを求む


 

刹那 一欠けの温もりも

奪い奪われる稲光


 

静かな心一つ

私は足枷を拭い

疲れ切った体のままで

君の居場所を探している


 

ほのかな光浴びて ただ煌めく

無碍に咲く月見桜 見上げて


 

幾千の夢 幾万の罪

人は人を求め行く

ひとしずくの 希望にさえ

言葉失うほどに



 

幾千の夜 幾万の星

泣いて流れ抱きしめて

愛しい君を 切に思う

涙枯らせるほどに



 

幾千の夢 幾万の罪

人は人を求め行く

ひとしずくの 希望にさえ

言葉失うほどに


 

幾千の夜 幾万の星

泣いて流れ抱きしめて

愛しい君を 切に思う

涙枯らせるほどに

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。