07 神想イ子知ラズ


神想イ子知ラズ

アルバム:ありきたりな脳髄よ、今宵の月と踊れ
サークル:豚乙女
編曲:コンプ
作詞:ランコ
Vocal:ランコ
原曲:ネイティブフェイス

聞こえた言葉はどこから来たのか
わたしの中から?あちらの世界か?
「有り得ないこと」はずっと傍にあって
視えてないだけとはっきりわかった

歪んだ景色から覗き込むのは
わたしと良く似てる神様だった

「どうか怖がらないで」
金色の眼から伝わる言霊
同じ血が流れてる
そのまま 繋がる

溶けて混ざり合う神様とわたし
心に残るはあの子のことだけ

あちらは此処よりも生きづらいから
別れの挨拶はしないで行こう

今夜、出かけては駄目
大好きな平凡と無縁の暮らしを
敢えてさせたくないの
分かって、サヨナラ

月があざ笑う夜
こじ開けて勝ち取った少しの隙間に
惑う心の答え
あの子はどちらに
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。