03 遊星ロスのサテライト

アルバム:斥量零度点
サークル:Applice
Vocal:田辺
原曲:トロヤ群の密林

古ぼけた小さなコンパス
指し示す無重力空間
いま踏み出した足は力なく
コンパスと同じように錆びついていた

この足で今更 跡を追うのか
<カタチを>覚えてはいる
<気づけば>私はサテライト<囚われ>

此処に幾つもの星がある
すべて輝きを残して
もう届かない
近づけもしない煌めき
其処は私の時の墓場
探すほど隠れて消える
溶けたパルプを固めても
物語は浮かばない

苔生した一冊の本が
描き出す感動のフィナーレへと
続くべきページを捲れず
<人知らず君が残してたトーチ>
左手が冷たくて悴んでいた痛み
<燃えさかる勇気 本を焚けずにいた>

繰り返す空 明日の天気予定は
いつも強い雨だと言うけど
憂鬱な顔 傘も差さずに
立ち尽くす君 雲の向こうを見る

<いつから引く手を止めただろう>
<私が見ていた毎日>

其処に幾つもの星がある
すべて輝きを残して
もう届かない
近づけもしない煌き
此処は私のための墓場
我が儘を尽くした始末
滲むインクをなぞっても
物語は戻らない 失くして終わり

<何度でも 繰り返す 毎日>

永遠は何処にもないと
分からないわけじゃないけど
崩したジグソーパズル
解いてる間 息をする

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。