01沈むだけ

アルバム:回想に
サークル:Satellite Himawari
Vocal:あるす
原曲:芥川龍之介の河童 〜 Candid Friend


暗く深く揺らぐ水の音と心と
重ねた指先のひとつふたつ思い出を

暗く深く揺らぐ木々の音はあの日の
景色を辿る手からみっつよっつ零れていく

どこに置き去りにしたの
いつかに忘れたままあなたと過ごした記憶を求めて

水面下彷徨う妖怪は溶けていく、言葉を失うその日まで
機械仕掛けの心を忘れて感情を探している
水滴が残したあなたとわたしの透明な日々すらも 
幻想に時が刻まれる限り消えていくと解っていても、このまま

暗く深く揺らぐ水の音と心と
重ねた唇のいつつむっつ思い出を忘れそうで

記憶が溶ける前に、言葉が消える前に

水面下彷徨う妖怪は飛び込んだ、いつかを忘れぬよう回想に
機械仕掛けの心を捨て去って感情に回帰して
水滴が残したあなたとわたしの透明な日々だけを胸に
幻想の時から逃れて揺れてあなただけを求め

そのまま流れて消える



ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。