04 緋色のDance

緋色のDance


アルバム:Electric blue
サークル:岸田教団&The明星ロケッツ
Vocal:ichigo
原曲:亡き王女の為のセプテット

長い夜に咲く 閉ざされた夢は
生命へ叫ぶような モノローグになる
神経に刺さる 運命の棘は
この時に刻むように 踊り続けてる

一つ打ち鳴らしたタンバリンの音 世界に消えた
ねじ切れた明日を占うように 止まらない暗闇

赤い月夜に舞う風は朧 無音に響いた緋色の霧雨
軋む時まで感覚は叫び 続く不夜城終わりの先まで


殺戮タッチの 夜空の絵画は
限界へ挑むような 無数の共鳴

ノイズ交じりの雨が打ち響くように 世界が消えた
焼ききれた今が加速するように 終わらない覚醒

赤い闇夜に掲げたプライド 夜会は続く緋色に染まって
刻む時間は意味をなくした 帰る場所などここにしかないから
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。