05 『我が愛しき密室少女に寄せて』



【注意】
現在、このページはJavaScriptの利用が一時制限されています。この表示状態ではトラック情報が正しく表示されません。
この問題は、以下のいずれかが原因となっています。
  • ページがAMP表示となっている
  • ウィキ内検索からページを表示している
これを解決するには、こちらクリックし、ページを通常表示にしてください。

|album=
|circle=凋叶棕
|vocal=nayuta
|lyric=RD-Sounds
|arrange=RD-Sounds
|original=ヴワル魔法図書館
私は考える。
私に許されないことも、沢山、あるけれど。

私が妄想(おも)うこと。
これだけはけして止められはしないの――誰にでも。





――今日もまた 覗き見る。
どこかもの思わしげな横顔。

そこに、

音もたてずにやってくる。
けして乱さぬあの銀色の髪

そして始まる二人の時間が・・・


「――そっと手を肩に。 少しずつその位置を変えては、そっと抱かれて・・・」

ああその身は立場を越えて。
もう誰も≪従者と客人(ふたり)≫をとめられないの!?


嗚呼、わが愛しき密室少女(マイディア、ラララ、ラクトガール)
こんなにも甘美な響き。
そのうちにどれほどの秘密(ロマンス)を抱えているの・・・?

ラララ今日も 私の世界のあなたは 幾多の恋に囲まれる
色恋多き密室少女。




――今日もまた盗み見る。
どこにも可愛げのない横顔。

そこに、

静寂を破ってやってくる。
風になびかせるあの金色の髪

そして始まる二人の時間が・・・


「――奪われる視線。 少しだけ強引なくらいがと ぐっと抱かれて・・・」

ああ見詰め合う二人の魔女!
もう誰も≪後輩と先輩(ふたり)≫をとめられないの!?


嗚呼、わが愛しき密室少女(マイディア、ラララ、ラクトガール)
こんなにも優美な響き。
そのうちにどれほどの秘密(ロマンス)を秘しているの・・・?

ラララこうして 私の世界がまた少し 熱くそして厚くなる
罪深き密室少女。



「――強がっているようでも。少しずつ崩されていくように。 ずっと抱かれて・・・」

ああ本当の主従を教えます!
もう誰も≪下僕と主人(ふたり)≫をとめられないの!?

嗚呼、わが愛しき密室少女(マイディア、ラララ、ラクトガール)
こんなにも危険な響き。
そのうちにどれほどの秘密(ロマンス)を隠しているの・・・?






書き尽くすまで 妄想小説(ラクトガール)は終わらない 知識と日陰のある限り
さあ今日も『我が愛しき密室少女に寄せて』!
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。