9.竹藪の中≪阿礼乙女に問われたる花屋の物語≫


アルバム
サークル:凋叶棕
原曲:プレインエイジア
Lyric:RD-Sounds
Vocal:Φ串Φ


眠れ
許されぬものなどけしてありなどしないよう



     ≪阿礼乙女に問われたる花屋の物語≫

不幸にも 童がひとり
若く亡くしたその命

襲い来る 赤銅の獣
怯え泣くより他になく

  幸いは 居合わせた童
  命を拾うもう一方

その獣 餌食に飽いたか 何処かへと消えたとさ

――何の因果 悪戯か 嫌われ子のみがいなくなった



仰ぐ この空に還った
我が教子の姿を
風に 銀髪を靡かせ

「けして近寄るべからず」と
           竹藪の中
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。