04 「だるまさんがころんだ」

「だるまさんがころんだ」

アルバム:ゲツメンタンサ
サークル:豚乙女
編曲:コンプ
作詞:ランコ
Vocal:ランコ
原曲:千年幻想郷 ~ History of the Moon

底に沈みゆく船 悪い夢の続きだ
湖に浮かんだ満月は 地獄への道標

喚いたって嘆いたって変わらない
罪の計りは人知れず
この世もあの世も同じならば 生も死もゆらぐ

キラキラまぶしくて 穢れの無い光の中
貴女の輝きで 目を潰したいの
ゆめゆめ忘れないないして
言葉にならぬかく語る心

底から見上げた空 ぐにゃり、気味が悪くて
誰の目にも等しく映るは
「なんだ、地獄は此処か」

満ち足りて微笑んでやり切れぬ
罰を与えて何と為す?
虚しさに蝕まれてくなら 狂気へと変わる

ふわふわめくるめく 嘘の無いホントの気持ち
そんなことは最早 どうだっていいの
だるまさんがころころり
うしろの正面だあれのおうた

キラキラまぶしくて 穢れの無い光の中
貴女の輝きで ホラ、目も潰れた
地獄で仏様 罪も罰も並べ立てて
だるまさんがころぶ 永久に続く夢

ため息だけが逃げた空に
終わらない今日が今日も始まる
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。