06 とある瀟洒な従者の物語 feat. ytr

アルバム:桃色ディスタンス
サークル:魂音泉
編曲:Coro
作詞:ytr
Vocal:ytr、たま
原曲:月時計 ~ ルナ・ダイアル


流れた一瞬 ほんの束の間に動きを止めた時計の針
作業的か業務的な仕事ぶり また今日もテキパキと施し
(子守役足したような従事) 此処には多種多様な住人
館の主 姉妹 魔法使い 門番はいつも仕事をしない

(よく使うティーカップは見た目よりも入らないとさ)
紅茶を注ぐなんて事は常日頃の仕事 もとい日課
(静止した空間の中で)傍に仕える 立てぬ波風
異端的でもよくある話 とある瀟洒な従者の物語

月明かりの中に猶予う人集り
少し欠けた輪のシルエットにいつもの紅茶の口どけ
影が指す時刻に昨夜と同じ香り
雲間に揺蕩う月光が照らす十五夜の月時計


不可逆な停止 時計の盤面に凍りついて動かない針
清掃 侵入者排除 能力の差異から同属嫌悪
(面倒事 尽きぬ話題) 厄介な役回り背負い込むことも
百年以上も年上の主は中身も見た目も子供

(マジックはいつも謎めいて経験した擬似的永遠)
従順な奇術師の世界 見境無く惑わす幻影
使い込まれたティーカップの中に浮かぶ僅かな蟠り
紅茶を注ぐ まだ許容範囲 とある瀟洒な従者の物語

月明かりの中に猶予う人集り
少し欠けた輪のシルエットにいつもの紅茶の口どけ
影が指す時刻に昨夜と同じ香り
雲間に揺蕩う月光が照らす十五夜の月時計


不可逆な停止 無理が生じ盤面で小刻みに揺れる針
代償は如何程 倍返し 手品 種明かしの覚悟
気付かぬ内に罅割れたティーカップ もうラストオーダー
零れた紅茶 つかぬ取り返し とある瀟洒な従者の物語

月明かりの中に猶予う人集り
少し欠けた輪のシルエットにいつもの紅茶の口どけ
影が指す時刻に昨夜と同じ香り
雲間に揺蕩う月光が照らす十五夜の月時計


流れた一瞬 ほんの束の間に動き出した時計の針
短いようで長い間 また逆も然り それぞれの立場
少し欠けた月の日に小夜嵐が運んできた紅茶の香り
普遍的でどこか物悲しい とある瀟洒な従者の物語
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。