04 春雲

春雲

アルバム:今日が最後の一日
サークル:豚乙女
編曲:コンプ
作詞:コンプ
Vocal:ランコ
原曲:阿礼の子供

桜舞い散る昼下がり 春雲はゆっくり流れて
頬を掠める緩い風 遠くから聞こえる声

青い空と君の顔 何度も季節を重ねて
眩しそうに笑ってる そんな日常

いつも側にいれるわけじゃないと分かってるけど
次に会った時も変わらず いつもそこにいる幸せ

めくるページのその音は優しくて強くて愛しい
通り過ぎゆく毎日は失くなってるわけじゃない
悔し涙 笑い声 ぜんぶぜんぶ覚えてるよ
別れ際に手を振った君の背中も

いつも側にいれるわけじゃないと分かってるけど
また必ず会える喜び いつもそこにある幸せ

いつも側にいれるわけじゃないと分かってるけど
次に会った時も変わらず いつもそこにいる幸せ
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。