06 ゆけむり魂温泉


ゆけむり魂温泉

アルバム:Elysion
サークル:魂音泉
編曲:Coro
作詞:ytr
Vocal:たま、Coro、ytr
原曲:旧地獄街道を行く


地下直送 吹き上がった間欠泉 これは数百秒の短期決戦
上昇する温度と交信強度強め取る音頭
魂音泉一門 愛も期待値も上げるだけ上げ負からん鐚一文
我が道行く千両役者 ほら手を鳴らしな 鬼さんこちら
常に何かを試みる 顔が綻び始めた先の喜びと驚き
大人もたまに子供になれる音のお供とたまに心音
宴会をしちゃときめかす 四季折々 我ら都にて待つ
温泉 音の泉って似とるから誤字ならこちらが逆手に取る
湧き出す源泉 湯煙の奥 淡い光の石灯籠
沸き立つ面々 杯片手に銘々楽しめ 意気揚々
鬼が出るか蛇が出るか 頭上掲げるは唯一無二の魂 地獄の話
咎人なら黙って頂戴 文句があるならかかってこんかい
怒鳴り散らす跳梁跋扈 地下潜り築く王道楽土
嘲笑や苦笑跳ね飛ばしていく選りすぐりの音楽も実力主義
呼び込みすら天下一 湯加減は意地でも下げない限界値
正直者じゃ無いと難儀 目に物見せるは怪力乱神

長話すらも華々しく
徒然なるままの日々に刺激 彩るは魂
五線譜の上確かに宿る 楽園の果て見渡した都
さぁ踊れや騒げ 飲めや歌えやお手を拝借


地上からとは違う景色見せてあげるよ
心まで浸かるなら魂音泉 誰でも連れておいで
地下深くから満たす音を分けてあげるよ
騒がしゃ天下無双の魂音泉
良いとこさ、一度はおいで

宴もたけなわ 笑うならまだまだこれから
一見さん 常連さん 流す音がこちらの名産
座った目で酩酊 しょうもなく回る酒に情緒ある場
とっくに徳利は空 飛沫がかかる そっくりそのまま
目的など無く暇潰し でも気づけばいつしか打つ舌鼓
楽しむ風情 今宵は無礼講 手荷物捨ておいで
止まらん客足 客観視 世迷い言却下して綺麗さっぱり
どうすればいい?大提督! 俺らに任せれば大抵得
荒ぶる今日もまたすぐ行動 どっぷり浸かればあらゆる効能
温まる音に酒 つけろ落とし前 客人でも踊りだせ
湯煙の向こうには漢字三文字 湯治場の通り名
どうしたって動じない強い投資家の集い 君達が当事者
下手な気遣い要らない ただただ暖かい幻想的な佇まい
腹から笑い端から見たら酔っぱらいでも舌は絡まらない
音の泉が滾々と湧く 浮世から離れて混沌も無くなる
この温泉はもしや名湯? 君らは察しがいいな!ご名答!

目を覚まし 楽園を探し
努々忘れることなかれ 彷徨うは魂
鬼火携え切った先頭 一文字変われば見知った銭湯
まぁそれもよきかな? 音の泉 我らが魂音泉

※繰り返し

全てに意味がある新商品 言うならば神主への信仰心
東へ引っ越し弾幕の向こう見てまた聴けば分かる新境地
すかさず見透かす 悪人成敗 住人の歌
小言は一小節で済ます 貼っとけよ割れ物注意の札
都の鬼も連日騒ぐ 頭っから浴びる泉質は格別
煮え滾った灼熱の地獄釜の底には綿密な作戦
ったりめーよ!踊らにゃ損ってな 毎度の熱量ぶっ壊れ性能
宴会じゃ終始独壇場 肩で風切る旧地獄街道

※繰り返し
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。