05 いつかの未来よさようなら


現在、このページはAMP表示となっています。この表示状態ではトラック情報が正しく表示されません。
画面右上の「≡」から「最新の情報をみる」をタップすることで正常に表示されます。
|album=FREAKS
|circle=豚乙女
|vocal=ランコ
|lyric=ランコ
|arrange=パプリカ
|original=他愛も無い二人の博物誌
始まりはいつだか忘れてしまう程の昔話
実も虚も質が詰まっていると境目分からなくて

例えば貴女が南の魔女で私が西の悪い魔女で
二人は同じ大学に通い同じ人を愛す
異形の心優しき私は周りに理解されなくても
固く結んだ絆は友情 史実と違っても

そんな過去の思い出ちらほら
夢なのか現実なのか曖昧で
貴女の視る違う世界を
覗けるのは嬉しいのだけれど

エッセイも体験談も全て本当にあったお話

例えば周りが私は悪で貴女を正義と決めたなら
そんな世界もまあ悪くないしむしろ待ち遠しい

そんな過去の思い出ちらほら
夢なのか現実なのか曖昧で
貴女の視る違う世界を
覗けるのは嬉しいのだけれど

物語は生命の轍
産声をあげたときから始まって
いつか息を引き取る日まで
全部全部大事な一枝

二人にしか分からないように
二人だけのために本を作ろうよ
いつか情報が無価値になって
笑いながら読んでくれるように
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。