狂言「跳ね玉兎」

アルバム:
サークル:凋叶棕
原曲:狂気の瞳 ~ Invisible Full Moon / 兎は舞い降りた
Lyric:RD-Sounds
Vocal:めらみぽっぷ


つき つきのうさぎが
やいの やいの とうたうのは
きっと それは ゆめのなか
さめぬゆめをみてよ さあさあさ


あさぎいろの うさぎがはねて

あたらし すみかを さがして さがして

さても そこは げにもおそろしきくに

けれど されど ひくことなどできぬ


にどともどれぬみちと
しってか しらずか そのあしが
かるく かるく つちをける
たとえ そのみが よごれてさえも
つきに むかって はねるよ 跳ね玉兎!


つき つきのうさぎが
やいの やいのと うたうのは
きっと それは ゆめのなか
さめぬ ゆめをみる かいあんに

つきのうさぎが うたうこえ
やいの やいのと さわぐこえ
われらの なみにのせて
わたれ わたれ せんり とおく


たちばないろの うさぎがはねて

ほんとを まことを さがして さがして

そこに みえた げにもうたがわしきこと

そして てにした げにおそろしきこと


にどともどらぬみちと
しって いながら そのあしは
かるく かるく つちをける
ならば そのみが よごれてさえも
つきに むかって はねるよ 跳ね玉兎!


つき つきのうさぎが
やいの やいのと うたうなら
きっと それは ゆめのなか
さめぬ ゆめをみる そのまにも

つきのうさぎが うたうこえ
やいの やいのと さわぐこえ
あれらは なにもしらず
うたえ うたえ せんり とおく


ゆめをみながら
あそべあそべ

けがれたものとも
あそべあそべ

とおくをみながら
あそべあそべ

しなないものとも
あそべあそべ


つき つきのうさぎが
やいの やいのと うたうのは
きっと どっちも ゆめのなか
さめぬゆめをみてよ いつまでも

つき つきのうさぎは
いまも どこぞで ゆめをみる
たとえ さめぬ ゆめのなか
よいも さめねば えいえんに

なべてよは よは こともなし
つきも あちらも かわらずに
なにも されど さりとて
さあ なにみて はねる 跳ね玉兎?
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。