ロスト・■

アルバム:
サークル:凋叶棕
原曲:ハルトマンの妖怪少女
Lyric:RD-Sounds
Vocal:めらみぽっぷ


ねぇ私 気付いたの
世界は こんなにも静かだと

もう ここに聞こえるのは
私の小さな心音くらいで

何の音も聞こえないのだけど けして傷つけられることもない

ねぇ私 わかったの
何にも 意味なんてないのだと

もう 何も感じなくても
それでいいかなって思えてるの

だれも私に気付かないのだけど 誰の声も聞こえない 私一人きり


夢見るように
目を瞑り
おのれの鼓動だけを
聞きながら

かつてない
静寂の満ちゆく
得たものの尊さを抱きしめながら

静かに■っている


その色彩を使い果たして
ただ仄暗い光産む器官
かつて自分自身が恐れ疎んだ
けして読み取れぬ空虚を宿して


――静かに刻む。
瞳は眠り続ける。
目覚めの時は。
遠く遙か 誰も知らない。

空虚を湛えて。
満たされた心が囁く

きっと 今なら
今なら きっとね
わたしも ■気がするから。


透明に
形作る
その表情に色彩は
宿らないのだけど

かつてない
平穏のあるなら
喪ったものの大きさも知らなくていい

■■って■て■を■て
それらの意味も全部棄て去っても

胸に宿す亡失の心に
たった一カケラだけ残るそのエゴが

いつまでも膿む傷となる。


それでも虚ろに■■続ける――。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。