04 嘘付きフォルテッシモ



【注意】
現在、このページはJavaScriptの利用が一時制限されています。この表示状態ではトラック情報が正しく表示されません。
この問題は、以下のいずれかが原因となっています。
  • ページがAMP表示となっている
  • ウィキ内検索からページを表示している
これを解決するには、こちらクリックし、ページを通常表示にしてください。

|album=手のひらピアニッシモ
|circle=幽閉サテライト
|vocal=senya
|lyric=かませ虎
|arrange=Autobahn
|original=幽霊楽団 ~ Phantom Ensemble
弱いくせにいつも
攻めるは最大の 防御だとか吠えて
強いフリしてた

ハーモニー重なる 君の少し低い
「声」は暖かくて 私奏でられ…

ビブラートする
未熟な私
君はなぞってくれたの

嘘付きフォルテッシモ
抑えられない
「優しさ」「厳しさ」をも
全部味わいたい
かまってフォルテッシモ
天邪鬼する
気付いて欲しいだけよ
叱ってもいいのよ?

会えない寂しさを 隠すのが下手っぴ
不器用さが逆に 「素直」を許す

「ゼロ」の距離の愛を 「イチ」が求め続け
繰り返すとそこに 「フタリ」を求めた

オクターブする
距離を埋めてく
言葉遊び 飽きたのよ…

嘘付きフォルテッシモ
抑え付けてる
独占したい欲も
隠すほど無駄なの
かまってフォルテッシモ
イタズラにねえ?
もて遊んで? 飽きても
泣いたりしないから…
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。