05 現夢­-genmu-



【注意】
現在、このページはJavaScriptの利用が一時制限されています。この表示状態ではトラック情報が正しく表示されません。
この問題は、以下のいずれかが原因となっています。
  • ページがAMP表示となっている
  • ウィキ内検索からページを表示している
これを解決するには、こちらクリックし、ページを通常表示にしてください。

|album=ヒミツナグモノ
|circle=TUMENECO
|vocal=yukina;みぃ
|lyric=ななつめ;Jell;GCHM
|arrange=tomoya
|original=ジャパニーズサーガ;リーインカーネイション
君と出会い 夢を視てた
あの日々を 忘れることなんてできない
今も 月と 星の下で
僕は 夢を視続ける ()めない夢を

出口の(わか)らない 箱庭が隠すのは
諦めが閉ざす 小さな灯し火
 雁字搦(がんじがら)めになった 箱庭を壊すのは
 信じるそれだけの 小さな思い出

君と二人で 手を繋いだ
 君の視てた夢を
あの夜を忘れることなんてできない
 忘れない
終わりのない 夜が明けても
 朝も、夜も、越えて
僕は 夢を視続けるだろう
 (あか)い月が地に落ちても
 咲かぬ花が枯れ果てても
 (なが)い夜が燃え尽きても
 君の声は届いているから

(はかな)いと知っても 繰り返し願うのは
たぐり寄せていた (うつ)ろな日常
 もう一度だけでいい ただ(せつ)に願うのは
 目を()らさないで 見つめた日常

君と二人で 空見上げた
 君と駆けた道を
あの場所を 忘れることなんてできない
 忘れない
力尽きる その時まで
 空も、海も、越えて
僕は 夢を視続けるだろう
 風の吹かぬ迷宮にも
 遥か遠く世の果てにも
 どんな暗い地の底にも
 君の声は届いているから

閉じた瞳を開けば 夢を繰り返す世界
失うのが怖くて 僕はただ眠り続ける

 今は 細く遠い声も
 やがて 遠い時の果てで
 (かすみ)消える 星のように
 境界 越えて

君と二人で 夜を駆けた
 君と僕の日々を
この奇跡(ゆめ)を 忘れることなんてできない
 忘れない
いつか 月と星の下で
 過去も 現在(いま)未来(あす)
出会うのだろう ()めない幻想(ゆめ)
 月と星を(たが)えようと
 明けぬ夜が(まじ)わろうと
 たとえ時が(へだ)てようと
 君の声は届いているから

I walk alone
Time to go my own way
Night's falling down
No one can see

We still search the starlights
Despite there's no hope inside
Fill my heart with shine
To find the truth of this worlds end

You walk across
Time to say goodbye my friend
Right choice, perhaps
For you and me

We still search the starlights
In spite of someones advice
See my heart blaze up
To break the spell of this worlds end

Word you say still remains this place
Days we played and held each hands
Nothing was afraid but now we've faced
This ruthless fate tears drop in space

Don't forget I'll be there always
Phrase to make your smile again
Sky's painted gray but we can change
To smash this fate and catch a flame like the shooting star

Walk Together
Try to find the way back home
Not so hard I guess
For you and me

We still search the starlights
Despite there's no hope inside
Wind blows through this grand
To make us braver then are
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。