07 私を刻む、針の音。



【注意】
現在、このページはJavaScriptの利用が一時制限されています。この表示状態ではトラック情報が正しく表示されません。
この問題は、以下のいずれかが原因となっています。
  • ページがAMP表示となっている
  • ウィキ内検索からページを表示している
これを解決するには、こちらクリックし、ページを通常表示にしてください。

|album=信仰ノスタルジア
|circle=SYNC.ART'S
|vocal=美里
|lyric=結月そら
|arrange=五条下位
|guitar=BB
|original=信仰は儚き人間の為に
ずっと呼吸 合わせていただけ
(とき)の針は いつの間に遠くへ?

そっと想い 巡らす足跡
胸を刻む 夢の数 数えた

ねえ 戻れるとしたなら
いつの私がいい?
変えられなくても

めくるめく 未知を舞い
たゆたう(いま)は瞬き
命は儚いけど こんなにも
刻の流れに満ちてる


ふぅっと吐息 立ち止まることも
刻の背中 逃さない方法

きっと願い叶えるためなら
夢に響く 夢ひとつ 見据えて

ねえ 捨て去るとしたなら
どんな未来がいい?
正しいとしても

めくるめく 未知を舞い
たゆたう過去は輝き
命は儚いから どうしても
刻の行方に惑うの


ねえ 叶えられるのなら
いつの私がいい?
どんな未来がいい?

めくるめく 未知を舞い
たゆたう現は瞬き
命は儚いけど こんなにも
刻の流れに満ちてる


ずっと呼吸 合わせていただけ
刻の針は いつまでも傍で……
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。