02 天上の地、寂寞の夜



【注意】
現在、このページはJavaScriptの利用が一時制限されています。この表示状態ではトラック情報が正しく表示されません。
この問題は、以下のいずれかが原因となっています。
  • ページがAMP表示となっている
  • ウィキ内検索からページを表示している
これを解決するには、こちらクリックし、ページを通常表示にしてください。

|album=一意専心 -ICHII SENSHIN-
|circle=舞音KAGURA
|vocal=小峠 舞
|lyric=小峠 舞
|arrange=あとぐる
|original=広有射怪鳥事 ~ Till When?
一糸の乱れなく貴方の背中
それだけ追いかけ
未熟な心に刃を突き立て

いつの日か

必ず会えると思い巡らす
幼き瞳に焼き付いた記憶

どこまで行けば近付けるでしょう
果てなき答えとわかってはいても
貴方へ続く道と信じて
孤独に打ち勝つ勇姿抱いて
天上の地へ


振り向く度に気配感じるのは
求めているから?
どこか温もりに触れていたいと願う

当たり前の

シアワセ ヨロコビ アイ ホホエミ
見えない 私にはまだ早すぎて

どこまで行けば許されるでしょう
果てなき答えとわかってはいても
一つ二つと消えゆく星を
眺めてチラつく寂寞の夜
少女の影

貴方はなぜ私一人…
残して どうして

どこまで行けば近付けるでしょう
果てなき答えとわかってはいても
貴方へ続く道と信じて
孤独に打ち勝つ勇姿抱いて
天上の地へ
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。