05 死んだバラと悪魔のはなし



【注意】
現在、このページはJavaScriptの利用が一時制限されています。この表示状態ではトラック情報が正しく表示されません。
この問題は、以下のいずれかが原因となっています。
  • ページがAMP表示となっている
  • ウィキ内検索からページを表示している
これを解決するには、こちらクリックし、ページを通常表示にしてください。

|album=KILLOVE FIREPROOF!
|circle=暁Records
|vocal=Stack
|lyric=Stack
|arrange=Stack Bros.
|original=少女さとり ~ 3rd eye;ハートフェルトファンシー
これよりお目にかけますのは、
世にも奇妙な、愚かな者の顛末(てんまつ)
すべて、この私の眼が見透かしてきた悲劇たち。

「ある日、麗しいバラの花、空を(たた)え歌っていた」
「ああ、そこに悪魔が舞い降りた!」

“雨よ私だけを抱いて、
       他の花びらなど焼き払って”
“私一人が輝くの、
    太陽さえ妬ましいわ!ラララララ”

悪魔の瞳が暴いた、醜いこころのこえ!
そしてバラは引きちぎられて死んだのよ、
いちばん醜くなってね。

「ある日、人を愛してしまった悪魔がいて」
「もう、なにも知りたくないって」
「その瞳を、泣いて、つぶしたのよ」

カラダはハリボテニセモノ、
言葉は上辺だけの使い捨てで
グロテスクな思考だけを、
隠したつもりでいるのでしょう?

この悪魔の前で

この瞳の前で
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。