04 Lonely Dream



【注意】
現在、このページはJavaScriptの利用が一時制限されています。この表示状態ではトラック情報が正しく表示されません。
この問題は、以下のいずれかが原因となっています。
  • ページがAMP表示となっている
  • ウィキ内検索からページを表示している
これを解決するには、こちらクリックし、ページを通常表示にしてください。

|album=RE:tmnc Acoustic collection
|circle=TUMENECO
|vocal=yukina
|lyric=yukina
|arrange=tomoya;h.tatuki
|original=六十年目の東方裁判 ~ Fate of Sixty Years;緑のサナトリウム
透明な コトバを投げて 空っぽのハコの中
ひたすらに鳴る 針の痛み
「どこか遠くに逃げ出して」
来ない 未来 待ってるのも飽き飽きで

ラベンダーの 香りをまとって
行く先も まだ わからない 冷たさと一緒に

ずっと 覚めぬ夢を見て 繰り返しの
永い永い夜をひとり歩いている
そっとして 触らないでいて
この心は 光が見えたって
わかるはずなんてない
ばかみたい

真っ赤なウソを並べて 明らかな矛盾さえ
貫いて リアルを求めて
「ここまできたら大丈夫」
誰も いない 描いたユメ 突き刺さる

ひたすらただ隠す この弱さを
触れないで いて 寂しさを 閉じ込めていたくて

ずっと 覚めぬ夢を見て 繰り返しの
永い永い夜に立ち止まっていても
このままで 星空の下で
ひとり涙 流したら笑って
また歩き出せるの それでいい…

葉っぱが落ちるのを見て
くるくる回るんだ
星明かりの下でね
微かなトキの歪みを
押し上げて
空へかえそう

覚めぬ夢を見て 繰り返しの
永い永い夜をひとり歩いている
そっとして触らないでいて
この心は光が見えたって
わかるはずなんてない
ばかみたい…
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。