07 私が蝶になったはなし



【注意】
現在、このページはJavaScriptの利用が一時制限されています。この表示状態ではトラック情報が正しく表示されません。
この問題は、以下のいずれかが原因となっています。
  • ページがAMP表示となっている
  • ウィキ内検索からページを表示している
これを解決するには、こちらクリックし、ページを通常表示にしてください。

|album=悪戯センセーション
|circle=森羅万象
|vocal=あよ
|lyric=azuki
|arrange=kaztora
|original=夢殿大祀廟
懐かしい話をしましょう 胡蝶のような夢語り
変わらないこの毎日が続くと信じてた
貴女がいて私がいて 世界は回り続けた
言葉足らずな世界
そっと耳すませ 物憂げな貴女の隣から

覗き込むように 笑う私
貴女になりたくて
どこかへ消えてったあの日に
置き忘れてきたんだ 自分自身を

そうさ 不幸せな明日なんか 訪れはしない
だって 傷つくのは いつもいつも 今の自分だけ
「いつか」そんな先の未来なんか見通せなくてもいいんだ
目が覚めたら「おはよう」って言えるだけでいいから

不可思議な話をしましょう 胡蝶になった今語り
千にも及ぶ思い
一つも告げれず 私はね 私にすらなれず

貴女から見た この世界は
全てが色付き
虹色に曇る心に
ため息をついたら シャボンのように
飛んで 飛んで 飛んでは 消えた

「神様とか不公平だ」そうなんじゃなくて
ちょっとだけ不平等な だけなんだと思う
夢が覚めるのには ちょっと早すぎた

そうさ 不透明な未来なんか 訪れはしない
だって 信じるのは 前をむいた あの日の貴女なんだ
「他の」誰かなんかは必要ない 代わりは誰もいない
貴女だけでも 笑えるなら 世界は回る

尊き言葉よりも 貴方の言葉だけ聞き取れればいい

そうさ 不幸せな明日なんか 訪れはしない
だって 千の夜も明くる朝も 貴女【わたし】がいる
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。