04 禁断の夢



【注意】
現在、このページはJavaScriptの利用が一時制限されています。この表示状態ではトラック情報が正しく表示されません。
この問題は、以下のいずれかが原因となっています。
  • ページがAMP表示となっている
  • ウィキ内検索からページを表示している
これを解決するには、こちらクリックし、ページを通常表示にしてください。

|album=彷徨いの冥
|circle=少女フラクタル
|vocal=天宮みや;柚木梨沙
|lyric=かませ虎
|arrange=でいたらぼっち
|original=東方妖々夢 ~ Ancient Temple
咲いた咲いた
今年も美しい桜が
皆で見よう
満開は今だけ

けれど夢の
桜は誘う知らぬ世に
すぐに覚めよ
禁断の夢から

眠りに入ると
なぜだろう たまに同じ夢

「ああ、またか」と
気にせず ぼんやり眺めた

桜の下では 皆悲しげに
さよならを告げ どこかへ旅立った

これでいいの?
何も分からない私には
君がどうかしてるように見える
たとえそれが
正しかろうと分かる気はない
夢は終わり 外は明るくなる

夢の続き
もしあるならば見てみたいな
どうせそんな
意味はないだろうな
桜 見上げ
色濃く咲き誇る花弁
まさか そんな…
私は目をそらす

足元 落ちてた
桜の花弁は綺麗
嗚呼、誰かと共感したくなってきた

夢の話を誰か話したい
信じて欲しいワケじゃあないけどさ

そして夜は
私にいつもの夢見せた
今日は二人
その場で息絶えた
桜 見上げ
花弁の濃さは増すばかり
紅く 紅く
静かに咲いていた

そしていつか
私もここで旅立つだろう
そうさ その日
すべての意味を知る
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。